2015年11月15日

カナダ人ダーンフォードの逮捕

カナダ人ダーンフォードは、カナダ北西部の太平洋岸の生態系を調査しネット上で公表してきた人です。
その生態系が歴史上未だかつてなかったほど死滅している実態を公表し、福島からの毎日出ている放射性物質とのつながりを公表してきたのですが、その人がカナダ政府により逮捕されるという事態になりました。
カナダ政府は日本の原子力政策を批判することを抑圧してきました。
これは、東電がカナダの優良なウラン鉱山のシェアホルダーだからということです。
東電はそのウランを日本に輸入するのではなく、安部が推進する外国の原発に輸出している。
また、平和利用と称して原爆製造目的の国にも輸出している。
これはシガーレイクからバンクーバー港まで一般道を通ってトラックで運び船積みしていることになる。
一般住民の健康被害に対する対策としてお抱え科学者の出番となる。
シガーレイク鉱山は地下水脈の近くにあり、これはマッケンジー川に通じている。
ウラン鉱山は高圧ジェット水で採掘するが最大の問題は地下水に汚染が広がることだ。
これを止めるためにアイスウォールが採用されている。
が、福島同様ここでもうまくいっていない。
水は凍ると膨張し、もろい岩盤を壊してしまうことを技術者は理解していないようだ。
シガーレイクの汚染水はおそらくマッケンジー川に流れており、北極海を汚染している。
北極海の生態系は福島の放射性物質の流出とシガーレイクからの汚染水により破壊されている。
「一人を殺せば殺人者となる。しかし、100万人を殺せば征服者となる。全員殺せ、そうすれば神になれる」
東電は神の領域に入った。
カナダの銀行家と政治家に崇められ。
原爆開発者のオッペンハイマーは言った「私は世界の破壊者となった」
福島の事故はこれを実証しようとしている。
カナダは日本の安部と同様、自己破滅の道を歩むのか?



posted by dark at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

火星のUFO?


太古の昔に打ち捨てられたUFOのような形状の金属物が見つかった。
金属は錆だらけにも見える。
これを作ったのは誰でしょうか?
火星の原住民?
太陽系を訪れた宇宙人?
どちらにしても、地球文明との関連性は明らか。
posted by dark at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名誉ある東京オリンピック撤退 名誉ある2020東京オリンピック撤退? 名誉ある東京オリンピック撤退? 名誉ある東京オリンピック撤退? 名誉ある東京オリンピック撤退 名誉ある2020 名誉ある撤退


名誉ある2020東京オリンピック撤退?

今ならまだ間に合う、オリンピック撤退。
最も心配されることは、いまだに臨界がおこっていることだという。
今年の7月に群馬県の高崎でヨウ素131が検出されたという。
これは半減期8日でつい最近臨界が起こったことを示す。
毎日放出される膨大な量の放射性汚染水で太平洋が汚染された水たまりになる前に名誉ある撤退を。




posted by dark at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

マンハッタンプロジェクトの遺物がセントルイスを汚染

2011年、セントルイスの住人は、説明不能なガンや病気が存在することに気付き始めた。
ミズーリ市のおよそ90の市町村にわたる住民に白血病、脳腫瘍、虫垂炎がん、多発性硬化症、先天性欠損症、などに診断され、人々は死に、赤ん坊は死に、なおも人々は死に続けている。
これは「コールドウォータークリークに毒された子供たち」と呼ばれている。
1942年第二次大戦当時、地元の会社が「マンハッタンプロジェクト」のウラニウム精錬を請け負った。
こうして原爆はセントルイスで生まれた。
こうしてできた2発の原爆は広島と長崎で15万人以上の人々を殺した。
40年代半ばにはこの化学会社の敷地には放射性廃棄物は収まりきらず、北部のコールドウォーター川に隣接した場所に25万バレルの廃棄物を浅い溝に置いた。
時は戦時中であり、誰もその危険性について知る者はいなかった。
このウラニウムはアメリカ政府のものであり、アメリカ政府の責任でもある。
その後、人口が増え、このコールドウォーター川は人工的に流れを変え、川底の土砂をさらい、放射能汚染は地域一帯に広まった。
知らず知らずのうちに地域住民は危険な物質を食べ、吸引していった。
地域住民は非常にまれなガンが発症し、しかも非常にまれな若い年齢で発症している。
2011年、フェースブックの登場により、地域住民は情報を共有するようになり、説明不能なまれなガンの発症をしることとなる。
「我々が対処しているものは、一般的に低レベルの放射性物質だ。しかし、長期間に渡ると危険だ、我々が言いたいのはそれだ」
「低レベルでリスクは低いと言われ、土を掘り返すなと言われるが、我々が要求しているのは、汚染されていない土を入れ替えることだ」


posted by dark at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

福島原発からの放射能が水道水に!

放射能が水道水から検出された都市名は、
盛岡市
仙台市
山形市
福島市
日立那珂市
宇都宮市
前橋市
比企市
千葉、市原市
新宿区
茅ヶ崎市
新潟市

と広範囲に渡ります。
水道水は、いろいろなことに使いますので、人体への影響は大きいと考えられます。
また、1年24時間影響があり、低濃度の放射能は、1次的な大きな放射能よりも悪いという報告もあり、深刻です。
放射能と出会った細胞が影響を受けなかったとしても、周りの細胞に情報を送り危険を知らせるようです。
また、その細胞の子孫その子孫と情報が引き継がれ影響が広がるそうです。
いくら低濃度でも危険性は消えず、唯一安全なのは放射能0の状態とのこと。
良く言われるバナナの放射性物質というのは、長年の付き合いにより人体に防御機能が備わっているようです。
医療機関による被爆というのも悪影響があるようです。

posted by dark at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする