2015年12月31日

なぜ第3次大戦が迫っているのか?

ソ連崩壊とともにアメリカの最も危険なネオコンが誕生した。
それまでソ連はアメリカの一方的なやり方を抑制する方向に働いていたが、ソ連崩壊とともに、アメリカ一極の世界が誕生した。
過去にはローマ帝国があったが、それとは比較できないほどの力がアメリカにはある。
911は、新真珠湾と呼ばれ、中東を支配するためには不可欠と言われた。

今現在、核戦争(第3次大戦)を止める方法は2つしかない。
一つは、ロシアと中国がアメリカにひれ伏し、アメリカの一極支配を受け入れること。
もう一つは、ドイツ、イギリスあるいはフランスの独立した指導者がNATOを抜ける決断を下すこと。
これにより、NATOから次々と一気に脱退する国が現れる。

アメリカの危険な手先としてのNATOが存在し続けるかぎり、核戦争は不可避だ、、、、、、


posted by dark at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3時世界大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

インド、核開発の悪夢

インドの核開発はウラン採掘現場から死の川を作り出した。
インドの核開発は危機管理がまるで出来ておらず、何も知らない周りの住人は病気になり死んでいる。
ウランやその他の核による汚染は深刻で、その地域には誰も住むべきではないとのことです。
京都大学の小出教授が調査しているようですが、ウラン鉱山の現場は世界中どこでも似たような状況のようです。
日本にも人形峠というウラン採掘現場がありました。
廃棄物をレンガにして売り出すという苦肉の策で乗り切ったようですが。

posted by dark at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの核労働者の死亡者数33,480人!

アメリカの核労働者の放射能被ばくによる死亡者数が33,480人に上ることが公表されたようです。
過去70年間でのことだそうですが、年間にすると478人になります。
アフガニスタンとイランとの戦争の死亡者数の4倍だそうです。
およそ107,394人の核保管施設建設の労働者がガンやその他の病気にかかったと診断されたそうです。
アメリカ政府は、これを保証する予算が足りず、予算を削るため保証内容を引き下げるよう検討中のようです。

posted by dark at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

ヨウ素剤を飲み逃げ惑う人々

ロシアのレニングラード原発のタービンビルから漏れ出た大量の白煙を見た市民たちは、チェルノブイリと同型の原発であることから、放射能漏れと確信し、(政府筋の発表は常に安全ですだが市民は誰も信じない)ヨウ素剤を飲み遠くに逃げようとするが渋滞でなかなか逃げられない状況だったようだ。
「この原子炉は水を蒸気に変えタービンへと送り出す」
「この蒸気は確かに放射性だ」
「今回は原子炉が直ちに停止したので我々はラッキーだった」
この原発は1973年に完成し、耐久年数は30年と想定されたらしい。


posted by dark at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

クリミア停電;第二のチェルノブイリ目前

クリミアの電源供給遮断が、ウクライナ南部の原発のチェルノブイリ化につながることに注意を向ける人はいない。
そこの作業員が非常電源を作動することが出来る人であったことはラッキーだった。
ウクライナのガスや石炭の不足はその他の原発事故につながるかもしれない。
ウクライナには16の原子炉が稼働しており、これは、16の原爆が置かれているということと同じ意味になる。
専門家は、第二のチェルノブイリがまだ起きていないことは奇跡だという。
「我々はメンテナンスのためのお金も無い。だから、メンテナンスせずに使い続けるしかない。毎年ガスケットの交換が必要だというがそれすらできない」
ウクライナの原発は多くはロシア製だ。
しかし、ウクライナとロシアは現在国交断絶状態で、メンテナンスを依頼することすらできない。
もし事故がおこれば、大量の難民が周りの国に押し寄せることとなる。

posted by dark at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チェルノブイリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

トルコはウソを付いている

トルコがウソを付いている理由とは、

NATOは口を開けばウソを付いている。

トルコは17秒間の領空侵犯があったというが、SU24が侵犯した距離は1.15マイルで、とても17秒もかかる距離ではない。
西側諸国は共同でウソをついている。

17秒が本当としても、17秒間に撃墜命令が出せる時間ではない。
撃墜は事前に準備されていたというのは間違いない。

SU24はロシアの戦闘機であり、トルコが見分けられないわけがない。

西側諸国のメディアから真実が報道されることはない。
政府とメディアは知っている。国民は正しく教育されておらず、気付いてもいない。
国民はどんなばかげた説明だろうと喜んで信じる。
西側は、強固なマトリックスの中にいる。
ロシアはこのことに気づかなければならない。

難民は、シリアのアサドから逃れてヨーロッパに流れてくるとメディアは言う。
決して野蛮なISISから逃れてくるとは言わない。

メディアは決してISISがワシントンの創作物とは言わない。


posted by dark at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ISIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉の小学校の校庭の土が171ベクレル?

鎌倉市の発表によると、鎌倉市の山崎小学校の校庭の土から171ベクレルの放射性物質が検出されたそうです。
セシウム131の割合から福島原発からのものだそうです。
25の小中学校のサンプルのうち22からセシウムが検出されたとのことです。
鎌倉が汚染されていたとは驚きです。

posted by dark at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする