2016年02月28日

ジカ熱は人口削減プログラム?

ジャーナリストのshimatsu氏によれば、ジカ熱は、人口削減プログラムのため仕組まれたものだという。
そもそもジカ熱は東南アジアの閉ざされた島で発生(計画的に?)し、そこからブラジルに渡るのはほぼ不可能。
また、ジカ熱は、エイズと同様、人の体液を通じても感染するところも人工的。
また、感染してもその人は死なず、生まれてくる子供が死ぬというところが味噌。
これで人口増加が防げるというもの。
WHOとかの公的機関がこれを開発しているため誰も疑わないというところのよう。
posted by dark at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジカ熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

核廃棄物がドイツを苦しめる

原発を捨て、新エネルギーに活路を見出そうとしているドイツをこれまでの核廃棄物が苦しめている。
ドイツ北部の森林地帯の500メートル程地下に、古い塩の炭鉱があり、
そこにオリンピックプール20個分程の核廃棄物保管庫が作られ、プルトニウムを含んだ廃棄物が収められている。
そこには126000個のドラム缶があり、半永久的に安全に保管できると考えられていた。
しかし、今では、その壁は崩れ、いたるところにひびが入っている。
中身が地表に噴出してくる前に、掘り返して取り出さなければならなくなった。
その作業には数十年かかると予想されている。
しかし、掘りかえす作業によって更なる崩落が出てしまうということがあり、なかなか先に進まない。
更に悪いことには、使用済み核燃料をどうするか、2022年までに出る17基分の廃炉の放射性物質の大量の廃棄物をどうするか?
最終の廃炉費用は360億ユーロを見込んでいる。
危険な核廃棄物を100万年安全に保管する方法についてはまだ議論が続いている。
北部の森林地帯の地下に埋めることには危険がある。
なぜなら10回の氷河期が訪れる可能性があり、その岩盤は氷河によって削り取られる。
地下水のしみだしによる水没も懸念される。
さらに、掘りだした後に起こるかもしれない放射能放出も検討しなければならない。
膨れ上がる費用とミッションインポッシブルがドイツを悩ませる。

しかし、日本とてこれは他人ごとではない。

posted by dark at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ヴィルヘルムグストロフ号の沈没

1912年のタイタニック号の沈没は誰でも聞いたことのある有名な話です。
1500人の乗客が死に、有名な映画にもなりました。
1915年のルシタニア号の沈没も有名で、1200人の乗客が死にました。
しかし、我々が知らないもっと悲惨な事故がありました。
1945年の海難事故で1万人から1万2000人の無実の人々が死にました。
タイタニックとルシタニアで死んだ人の4倍です。
ほとんどは女性、子供、老人でした。
第二次大戦時のドイツ難民を乗せたヴィルヘルムグストロフ号です。
連合軍の意図的な停戦引き延ばしにより、凶暴なソ連軍が東から攻め入り、逃げ惑う人々は我先にとヴィルヘルムグストロフ号に乗り込んだ。
しかし、出航後すぐにソ連の潜水艦の魚雷攻撃により沈没。
この歴史上最大の海難事故を知る人は1000人に1人と言われている。
これを知ったあなたは今後この情報を広めて行きましょう。


posted by dark at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

高浜原発再稼働は安部のリベンジ?

高浜原発再稼働は、去年4月に裁判判決で否決されたんですね。
しかし、否決した裁判官は飛ばされ、8か月遅れで再稼働したんですね。
詳しいことは分かりませんが、裁判での否決から驚くほど速い再稼働です。
安部と関電の原発への執念を感じます。
しかし、事故を起こしたら「想定外」「直ちに健康への影響はない」を繰り返すだけでは話にならない。
次はスピーディーのデータ位は公表すべきだ。
なぜなら、事故は起こるかどうかではなく、時間の問題だから。
何年後か何十年後かの違い。
また、停止しているからと言って安全ってわけでもないのがやっかいなところ。
posted by dark at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

原発が再起動する理由

原発なしでも電気に困らないことが実証され、国民の半数以上が反対する原発の再稼働をなぜ行うのか?
政府としては、今年の参院選に向け、不利となることをあえて行うのはなぜか?

それは、原発は稼働中は電気を生み出し、見た目上は利益を生み出しているが一度停止すると、それは巨大な電力を消費する利益押し下げ要因となるから。
なぜなら、使用済み核燃料は発熱し放っておくと核爆発しかねないので巨大なプールで冷やし続けねばならない。
なので、原発はなにがあろうと動かし続けないと赤字となってしまう。
しかし、40年過ぎたら巨額の廃炉費用がかかるので、そのためにも動かし続けねばならない。

しかし、この冷却プールはいつまで動かせばよいのだろうか?
地中処理では、少なくとも100万年と言われています。
もし、冷却プールを100万年動かすとしたら、どのくらいの費用がかかるのだろうか?
それとも、そんなのおれは死んじゃうからどうでもいいと思っているのだろうか?
後々の世代がどんなに困ろうと今さえよければ良いと思っているのだろうか?

ところで今回再稼働した高浜原発(危険性の高いプルサーマル)、もしも放射能漏れを起こすような事故があった場合、その被害は福島の比ではない。
風は通常西から東に吹く。
つまり、ほとんどの放射能は関西、名古屋方面に飛散する。
関西の水がめ琵琶湖が汚染され水が飲めなくなる。
海に流れ出た放射能は日本海を汚染し、狭い日本海は放射能を蓄積し、漁業が壊滅する。

posted by dark at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする