2016年03月26日

原発が飲み水を汚染する

増え続ける世界人口に対して、貴重な水資源を原発の放射能で汚染させる余裕が我々にあるのだろうか?
その汚染された水は、何十年、何百年、何百万年と致死的で有り続ける。
水は全ての生物にとって最も重要なものである。
人間の体にしても、60パーセント以上は水である。
典型的な原発では、1分間に約80トンの水を冷却用にしようしている。
そして、なんでもそうだが、やはりどこかから漏れ出している。
それは静かに地下水脈へとたどり着く。


posted by dark at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

日本は世界の核推進派に取り込まれた?

前出の「The 放射能」の中で、日本はチェルノブイリが起きた時に原爆の経験があることから、低線量被爆は健康に被害がないということを世界に発信するよう日本の科学者は駆り出され、それゆえ日本には核推進派としての科学者が多いという分析がありました。
その科学者の発言を文字通りに受け取った政治家が「放射能は安全です」というとんでもさんになっているよう。

そもそも放射線測定器のNDは放射能全くありませんという解釈がありますが、とんでもない。
NDとは、20ベクレル以下ということであり、単に測定器にその程度の性能しかないということ。
20ベクレルとは、1秒間に20回放射線を放出するということ。
これをもし1年間にかんさんすると天文学的数字になります。
posted by dark at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日テレが「The放射能」放送

日テレが福島第一の放射能についてをまとめた番組をほうそうしました。
小出教授がテレビ番組に出演したのは初めてのことで画期的だそうです。
全編事実を事実のままに淡々と放送していますが、その内容は寒気のするものです。
特に福島第一で働いた3人は、放射能によるひどい被害にあい、東電を訴えているようです。
この番組は多少でも放射能に興味のある人は、いや無い人でも見るべきです。



posted by dark at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

パールハーバー2


まいお馴染み、島津さんの記事から。

福島第一原発は、イスラエルによりアメリカの協力の元核兵器開発が進められていた。
311の直前までイスラエルによりテロ攻撃に備えてレーダー設置が行われていた。
アメリカ核兵器から取り出されたプルトニウムがイスラエルにより極秘理に運び込まれた。
iaeaは国連の天野により無力化されていた。
311後、キュリオん社を通じて、イスラエルの核兵器に欠かせないトリチウムを福島から取り出すこととなっている。
福島の核兵器化は以前もそして今後も続いて行く。




posted by dark at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする