2016年04月24日

ケネディJrが誰が父親を殺したかを語る

ケネディ暗殺を指揮したのはどうやら元アメリカ大統領ジョージWブッシュということらしい。
ブッシュは同時に元CIA長官というのは良く知られています。
暗殺当日、ブッシュは現地入りし、写真に写っているようです。
また、FBI長官のメモにブッシュの名前があったようです。
ブッシュは当日現地に行くときにCIAではなく、石油会社の人間として行ったようです。
アリバイ作りとして、講演会に出ていたようですが、不自然な点が多々あったようです。
また、ケネディの遺体は空輸中に行方不明となり、検死所に着いた時には、拳銃の傷跡はきれいに削除されていたそうです。

ケネディ暗殺で何でも出来るという自信をもったグループは、911という離れ業を計画し実行することとなる。

posted by dark at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ケネディー暗殺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本地震の原発への脅威

熊本地震が日本の最も長い中央構造線を刺激している。
この地震を分析する科学者たちは、原発推進派の安部内閣からの補助金が出なくなることを恐れており、
真実を言うことができないでいる。
この中央構造線上には川内原発と伊方原発があり、伊方原発は審査に合格し再稼働の準備中で危険なMOX燃料を使用する。
浜岡原発もこの延長線上にあり、停止はしているものの燃料を原子炉から抜いていないのだとか。
また、環太平洋地震帯との関連も指摘される。
熊本とほぼ同時期に起こったエクアドル地震との関連も指摘される。
2004年のインド洋津波と地震は、人為的に起こったものだった。
海底地形調査や石油ガス調査の目的でプルトニウムペレットを使って放射線を照射したことによって引き起こされた。
また、福島第1、3号機の爆発により、地殻へのガンマ線の照射により、コアの回転が不安定となり、地磁気が変調し、各地で不思議な音が聞こえたとの報告が上がっている。
また、地磁気の北極がさまよっており、年40キロ程シベリア方面に傾いている。
今後地球全体の地震活動が活発化し、さらに火山活動も活発化することが予想される。
SETIは「神は自身の誤りを消し去ることにした」との内容を受信するだろう。
熊本とエクアドールの地震は、地球の薄い地殻は簡単に割けるということへの警告だろう。


posted by dark at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

日本の原発は狙われている?

現在のテロ攻撃の原発への可能性の高まりに対して日本政府の原発の警備に対する無関心を世界はぞっとする思いで見ている。
現在の日本の原発施設の警備は、無防備な警備員の見回りだけであり、武器を持ったテロに対しては全くの無防備である。
また、警備は、警備会社にまかせっきりというのが実態である。
じっさいに起こりえる危機は、武器を持ったテロよりは、関連会社を装った作業員が何食わぬ顔で原発施設に入り込み、核物質を盗み出す、または、爆発物を仕掛けるなどのことが容易に行われる可能性が高い。
第二の福島を引き起こすテロを起こすことが容易と知れたら標的になることは時間の問題となってしまう。
標的となる理由は、安部首相が中東で演説し、テロ組織に宣戦布告したようなもので、日本人のジャーナリストが殺されたのもそれが理由と言われています。
まさか安部首相が日本でテロが起こることを期待しているとまでは言いませんが。
もしそうなれば、集団的自衛権についてもはや誰も意義を唱えないだろうということは容易に想像が付きます。


posted by dark at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

原発の脅威

原発を攻撃するのに原爆はいらない。
普通の爆発物で十分に第二のチェルノブイリや福島を引き起こせる。
今最も心配されていることは、原発に対するテロ攻撃である。
次に懸念されることは、テロリストがダーティーボムをつくることである。
これは十分に可能性があるが、もし、作れないとしても、原発を攻撃することで同様の結果を引き起こせる・
最も危険なことは、アメリカとロシアが保有する核ミサイルがものの数分で発射可能なことである。
もし、なんらかの誤認や誤解から発射ボタンが押されればこの惑星はお終いとなる。


posted by dark at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

麻生経済相が口をすべらす

麻生経済相
 1930年頃、アメリカもまたデフレに見舞われていたことを覚えています。
ニューディール政策が時の大統領ルーズベルトにより導入されました。
それは良い結果をもたらしましたが、企業家たちは投資しませんでした。
それは30年代後半まで続き、それはまた、日本に起こったことと同じでした。
日本の企業には大量のお金が入り、それは投資や給料アップに回されるべきでしたが、そうしませんでした。
企業家は大量のお金を単に金庫にしまい込むだけでした。
同様のことが30年代のアメリカで起こりました。
解決策は「戦争」
第二次大戦は40年代に起こり、それが解決策となりました。

----------------------------------------------------
元記事のURLをたどれなくなりました。
消されたか?
現在さかんに叫ばれる「集団的自衛権」もこれと関連しているように思えます。
支払い不可能となった借金を帳消しにしてくれる「戦争」
デフレスパイラルをインフレにしてくれる「戦争」
政府にとったらこれほどありがたいものはない、、、?



続きを読む
posted by dark at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする