2016年10月30日

幸福か不幸か

人は生まれると、親から洗脳され、学校で先生から洗脳され、テレビから洗脳され、職場で洗脳され、シープル(sheep+people)として群れの中で眠ったように生きて一生を終ることを幸福と呼ぶ。
しかし、一旦群れを離れると人生の落後者と烙印を押され、苦難の人生を過ごす。これを不幸を呼ぶ。

シープルとして、群れの中で洗脳されたふりをして、シープルのなかに覚醒をもたらすそんな人に私はなりたい。

さもないとシープルの行く末は、崖から集団自殺という運命が待っている。
posted by dark at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

緊急事態!ディエゴガルシアに米軍爆撃機が終結!

この記事を投稿した人は、6週間に1度メンテナンスのためディエゴガルシアを訪れる契約会社の人ですが、
9年間で未だかつてない飛行機がひしめいているとのこと。
そして今や道路上にも飛行機が止められているそう。
一時的なバラックやハンガーが次々と建てられているそう。
空軍や海軍のメンテナンス要員のテントシティーも出来ているとのこと。
同僚の元空軍の人は、核兵器が近くにある時のようだと言っているそうだ。
12以上の給油用タンカーが配備されているとのこと。
港は船でいっぱいで、6〜8船が遠くに繋がれているそう。
爆撃機B52の団体が来ていて、真黒に塗られているそう。

その他、ロシアでは、一般市民に核戦争に備え、核シェルターの近くにいるようにと言われているらしい。
また、食料を備蓄しておくようにとも言われているらしい。

また、田中宇さんのHPでは、アメリカとロシアが戦争するかもと言っている。(核戦争)

急激に悪化するこの世界情勢は、アメリカの軍産複合体が追いつめられていることによるらしい。
それで、ヒラリーを勝たせようとトランプに対し誹謗中傷を与えているようだ。
大統領選挙の票数が操作されヒラリーが勝つ確率が高いそうだ。
そうなるとおそらくアメリカVSロシアの核戦争が不可避になることが予想される。


posted by dark at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3時世界大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

気候変動の原因は?

気候変動の原因は、2酸化炭素や化石燃料ではない。
いわゆる放射性物質、放射能、核物質である。
放射性物質はそのエネルギー放出を止めることはない。
決して消せない火である。
毎秒、毎分、、、、何百万年にも渡って。
それが海にあるとき、毎秒エネルギーを放出する。
これが海を温めている。
福島から太平洋に放出された放射性物質は膨大な量に及び、そしてそれは今日も続いている。
太平洋のスーパー台風は今後も増え続けるだろう。


posted by dark at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

小林痲央さんの出身地は?

小林痲央さんが乳がんを患い、ステージ4だとの報道がなされていますが、まだ34歳と若いにもかかわらず
人はこのようなガンにかかるものだろうかと疑問に思い、小林痲央さんの出身地などを調べてみました。

新潟県小千谷市、ここ世界一大きな原発、柏崎刈羽原発から30キロ圏内、しかも、真東にあり常に原発からの風が吹いている状態。
原発は、燃料交換時に、原子炉のフタが開くんですね。
その時に大量の放射能を放出すると言われています。
また、使用済み燃料冷却プールにはフタは有りませんね。
また、原発から出るトリチウムはそれを捕らえる技術はなく文字通りダダ漏れ状態。
その近海の魚からトリチウムを摂取する可能性は否定できない。

また、もしこれらの弾丸から運よく逃れていたとしても、母親が妊娠前に運悪く被爆していたとすると
その負の遺産は子供に受け継がれると言われています。
これをアトミックエッグと呼ぶそうです。

プルトニウムに至っては、その原子一個を運悪く呼吸や飲食から取り込むとガンになると言われています。

福島原発事故以降では、東京でもかなりの放射能汚染があったといわれていますから、今後は更にこのような悲劇が多くなるように思います。
posted by dark at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

驚くべき第二次大戦中のドイツのUFOテクノロジー

いろんな種類のUFOが存在したことに、また沢山の写真が存在することに驚かされます。
また、動画まで存在するとは!
これだけあったら、実戦で使用されたと思うんですが。
昔、矢追スペシャルでドイツのUFOを放送した後、激しいバッシングを浴びて無くなったことを思い出します。


posted by dark at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする