2016年11月23日

あなたの放射能

「多くの原発は、夜と週末にベントを行う。つまり放射性物質を大気中に放出する。
近くの住民は夜と週末は家の中にいることが健康の条件となる」

バグダッドにいたことは有りますか?
住んでいたことは?
戦闘員や住民は、想像もできないほどの放射能を浴びている。
バグダッドは人が住める状態にない。どのような手段を用いてもバグダッドから去ることが重要だ。
放射線量はどのような人でも耐えられない。
バグダッドは第二次湾岸戦争で、2453トンの劣化ウラン弾が投下された。
バグダッドでは24時間で、146μgの重金属微粒子を吸い込む。
0.5ミクロンから2.5ミクロンの重金属微粒子は、何の障害も無く胚から血中へと通過する。
ウラニウムやその他の粒子は、行きついた細胞でホットスポットを作り、
DNAを破壊し続ける、これがガンの原因となる。
また、遺伝子上の病気となる。
ウラニウム兵器は、何世紀も続く人類への攻撃である。ウラニウム粒子には国境や人種など関係なく地球上どこへでも移動可能な無差別大量破壊兵器である。


posted by dark at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 劣化ウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

1976年姫路でのUFO写真!


OPEN MINDSというアメリカのUFO機関から出されたYOUTUBEですが、1976年に撮られた姫路でのUFO写真が公開されてます。
どのような経緯でこの写真が公開されるに至ったかは興味深いです。
この写真が興味深いのは、世間一般で偽物とされているアダムスキー型だということ。
写真鑑定の結果は、どこにも偽装した跡はなく正真正銘の本物とのこと。
そもそも11歳の子供にはUFOの知識もないものでしょう。
posted by dark at 07:42| Comment(2) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

スカリア判事はヒラリーに殺された?

WIKIリークスによるEメール公開により、ヒラリーがスカリア判事を殺したという説があるようです。
Eメール中にあるWET WORKSという表現が実は殺人の暗号というものです。
殺人組織と警察組織を操れる権力があれば、それはお手の物という可能性が高いのですが。


posted by dark at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

不正選挙の証拠

ヒラリーのための不正選挙の証拠はここにある。
Bev Harrisがどうやって彼らが不正選挙を行うかを詳しく説明する。
全ての投票マシーンの「フラクション」を起動させ、中央の管理棟で投票結果を操作して思い通りの結果にすることが出来る。
実際の投票数がどうであれ、関係なく結果は分かっている。
ヒラリーは選挙に勝とうが負けようが結果的に勝つ。
そしてそのすぐ後にコンピューターは初期化され、証拠は一切残らない。
これを覆すためには、このビデオを今すぐに広め、全ての人に認識してもらわなければならない。
そして、この計画を阻止してもらわなければならない。

「フラクション」とは、望まない投票数を少数点以下にし、望ましい投票数には何倍もの数をかけるという手法で思い通りの結果を導く方法。
たとえ地方の投票所が不正なく正しい方法で投票を行ったとしても、管理人が厳しく監視していたとしても、それとは関係なく中央の管理棟で思い通りに結果を導き出す。
しかも、その証拠は一切残らないという完全犯罪。
そのようなソフトが実在する。
そのソフト名はGEMS。
このシステムが使われる州は、アラスカ、コネチカット、ジョージア、ミシッシッピ、ニューハンピシャー、ユタ、バーモント、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、イリノイ、インディアナ、アイオワ、カンサス、ケンタッキー、マサチューセッツ、ミシガン、ミズーリ、オハイオ、ペンシルベニア、テネシー、テキサス、バージニア、ワシントン、ウイスコンシン、ワイオミング、そしてカナダも。


posted by dark at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする