2017年04月23日

米海軍が日本海で放射能汚染の戦艦を沈める?

米海軍の空母艦隊は日本海へと向かっている。
もし、北朝鮮が攻撃をためらっていれば、代わりに攻撃するバックアップ作戦がある。
それは日本の自衛隊だ!
三菱製対艦砲が火を噴き、アメリカの第7艦隊は沈没し、アメリカ水兵は溺れ死ぬだろう。
アメリカは北朝鮮のせいにして、朝鮮戦争が勃発し、何百万人もの人々が死ぬだろう。
誰も味方が攻撃してその戦争が始まったとは想像もしないだろう。

トモダチ作戦での空母USSレーガンの仙台沖からの撤退は、兵器級のプルトニウムが大気中に拡散していることをガイガーカウンターが検知した。
広野と原町の近くの秘密地下工場でプルトニウムが作られており、彼らの推察では何者かが福島に水爆を落としたのだろうというものだった。
乗組員は、汚染に気付かず、戦艦の海水からの塩分除去装置による水で料理し、シャワーを浴びていた。
乗組員は深刻な病気となりペンタゴンを訴えたが、ペンタゴンはそれを認める代わりに、完全な知らぬ存ぜぬを決め込んだ。
空母ジョージワシントンもまたトモダチ作戦によりひどく汚染された。




posted by dark at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

オペレーション「ガットハムシールド」


4月24日〜26日にオペレーション「ガットハムシールド」は始まる。
FEMAなどのエージェンシーが集まり行うこのオペレーションは、核爆弾爆破のシミュレーションということでニューヨークのマンハッタンとニュージャージーで行われる。
これは、911で行われた空軍のスタンドダウンと相通じるところがあり、更なる軍事力強化、権力集中、軍事予算強化、市民の自由の剥奪を狙ったフォールスフラッグ作戦ではないかとの憶測が流れており、事態は緊急を要しているようです。

posted by dark at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 核兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

朝鮮危機

トランプ政権による秘密裏に行われるはずだった北朝鮮との対話は、クアラルンプールでの金正男暗殺事件で行われなかった。
北朝鮮との核兵器廃棄の会談を止めさせるために暗殺が行われたのかもしれない。
日本の非核三原則はその初めから破られていた。
アメリカの核兵器が海や空から運び込まれていることを日本政府は見て見ぬふりをしていた。
北朝鮮の核兵器は数えるほどの規模の小さいものでしかなく、アメリカの規模が大きく数多くの核兵器や秘密裏に生産された日本の核兵器に比べれば取るに足らないものだ。
福島のセシウムの量が比較的多いことは、プルトニウム抽出工場があったことを裏付ける。
北朝鮮はなぜ核開発にこだわるのか?
一つはカダフィーが核廃棄条約に署名した結果どうなったかを見ることだ。
もし、北朝鮮のミサイルが日本の原発銀座の近くに落ちたらどうなるか?
メルトダウンの連続で大変なことが起きる。
安部首相のアメリカ空母へ軍艦を送って援護するという発言は、原発銀座が狙われてもしかたがないという意味合いになる。
アメリカの戦争は、連合国から金をむしり取るというマフィア的なことが含まれる。
戦争はアメリカにとって儲かる商売でしかない。


posted by dark at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 核兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

恐竜絶滅はフクシマのプリビューか?

真面目に訳すると大変なことになるので要約だけ。

恐竜が絶滅したことは、おそらく隕石が運んできた放射性物質によるもの。
なぜなら、それ以外の種族は生き延びたから。
恐竜は放射能汚染に弱かったということ。
その後放射能は地中深くに沈んでいったが、人間がそれを掘り起こし、再び地上を放射能汚染地帯へと戻した。



posted by dark at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

海の食物連鎖の崩壊、政府の隠ぺい

海の食物連鎖の崩壊による海の生物の激減と学術界による壮大な隠ぺいが行われているという。
そしてそれに続くのは人類の大量死とのこと。
不幸にも我々は魚を食べるというラグジュアリーを今後はおそらく続けられないだろう。
太平洋の青い砂漠という生物のいない海域がアメリカ西海岸やその他の海域で広がっている。
海はゆっくりと死んでおり、我々の食糧供給元が消滅しつつある。
原因は、魚の取り過ぎ、気候変動、プラスチック汚染、そして放射能汚染。
もし情報源としてマスメディアしか持っていなければ、これに気付くことはないだろう。
海洋生物の消滅は、2億5千年前の生物大消滅依頼の出来事だという。
何億匹ものサケが産卵する以前に死んだという出来事があったそう。
何百もの死んだクジラが岸に打ち上げられているという。
福島から放出され続ける放射性物質はプランクトンや小さな生物に吸収されそれを捕食する魚に蓄積されていく。
カリフォルニア沖で捕獲されたツナからフクシマ由来の放射性物質が検出されたそうだ。
しかし科学者、メディア、政府は驚くほど沈黙を続けているという。


posted by dark at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界的食料危機到来か!?

国際連合によると、今年に入って国際連合結成以来の危機に直面しているとのこと。
現在2000万人の人々が飢餓に苦しみ、世界中の援助と努力によっても、人々は飢餓により死んでいるとのこと。
特にアフリカのソマリアではひどい状況に置かれている。
西側諸国では誰も食糧危機に直面するとは思ってもいないが、それは単に希望的観測に過ぎない。
我々の裕福な生活は、巨大な借金により成り立っているということを理解しなければならない。
この借金バブルがはじけた時にどうなるのだろうか?

posted by dark at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする