2012年05月27日

超次元日食

あまりにも久しぶりなEnterpriseMissionの記事。
その内容は、やはり衝撃的。
詳しいことは省きますが、100年以上も前の実験で実証されていたことを、EnterpriseMissionで再実証しようというもの。
この実験は、再現性が難しいため、学会では認められていなかった。
この実験とは、日食のときに、重力異常が起こるというもの。
特殊な振り子装置で実証されているとはいえ、作るのが難しいもののようです。
この重力異常は、発電装置にも影響を与え、周波数にも若干の変動があるようです。
これが実証されれば、ニュートンからアインシュタインまでの物理学は、ゴミ箱行きとなり、新たな物理学が展開されることとなりそうです。
これは、地動説から天動説ぐらいの大きな変化となるでしょう。

http://www.enterprisemission.com/Hyperdimensional-Eclipse.htm
posted by dark at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック