2014年03月10日

世界最古のピラミッド

クリミアの地下に眠っていたピラミッドの発見は偶然だった。
渇水対策のため地下水を探していたところ偶然に発見された。
高さは45メートル、長さは72メートル、時代は恐竜時代だった。
ピラミッドはマヤのように先端が切り取られた形だったが、全体的にはエジプト型だった。
内部には空洞があり、中には未知の生物のミイラがあった。
その生物は身長が1.3〜1.4メートルで頭には王冠があった。
クリミア半島には37のピラミッドが地中深くにあると言われている。
クリミアのセバストロルというところには7つのピラミッドがあり、世界中から何十人もの科学者が集まり発掘作業を進めているようだ。
また、このピラミッドはある種の電磁波を発しており、何らかの装置としての機能もあるようだ。
アメリカの科学者によればこのピラミッドは6500万年前のものであり、恐竜を滅ぼしたとされる巨大隕石で滅亡したと考えられる。
地下水調査をしているときに、超高周波数電磁波を装置が探知してそのピラミッドは見つかったそうだ。
発掘調査中に何度も土崩れが発生し発掘を断念したそうだ。
高さと辺の長さの比率はギザのピラミッドと同様1,1.6(黄金比率)だそうだ。
他のピラミッドも強力な電磁波を発しており比較的簡単に見つかったそうだ。
また、西側の上部にはスフィンクスの巨大な頭が付いているそうだ。


http://www.earth-heal.com/news/news/78-ancient-civilizations/1462-oldest-pyramids-on-earth-in-crimea.html
posted by dark at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ピラミッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック