2016年04月02日

麻生経済相が口をすべらす

麻生経済相
 1930年頃、アメリカもまたデフレに見舞われていたことを覚えています。
ニューディール政策が時の大統領ルーズベルトにより導入されました。
それは良い結果をもたらしましたが、企業家たちは投資しませんでした。
それは30年代後半まで続き、それはまた、日本に起こったことと同じでした。
日本の企業には大量のお金が入り、それは投資や給料アップに回されるべきでしたが、そうしませんでした。
企業家は大量のお金を単に金庫にしまい込むだけでした。
同様のことが30年代のアメリカで起こりました。
解決策は「戦争」
第二次大戦は40年代に起こり、それが解決策となりました。

----------------------------------------------------
元記事のURLをたどれなくなりました。
消されたか?
現在さかんに叫ばれる「集団的自衛権」もこれと関連しているように思えます。
支払い不可能となった借金を帳消しにしてくれる「戦争」
デフレスパイラルをインフレにしてくれる「戦争」
政府にとったらこれほどありがたいものはない、、、?




posted by dark at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック