2016年05月14日

4度目のアメリカの核災害

4度目のアメリカでの核災害が起こっている。
過去3度はスリーマイルアイランド、他。
今回はハンフォード核処理施設、アメリカの殆どの核廃棄物はここに運ばれてくる。
すでに作業員の22名が病院に運ばれ治療中とのこと。
核廃棄物はタンクに入れられているが、タンクは漏れおり、そこから出た蒸気を吸い込んだ作用員が病院送りとなっている。
タンクの設計寿命は20年で、マンハッタン計画は70年前でとっくに寿命の切れたタンクが多数ある。
漏れ出た液状の核物質は地下にしみ出しており、ちかくを流れるコロンビア川に流れ出すのは時間の問題と言われている。
この辺はカリフォルニアワインの原料のぶどうの産地で汚染が懸念される。


また、アメリカ西海岸は福島からの核物質による被害で海岸線の動物が絶滅の危機にあると言われているが、今後のハンフォードからの被害はその日ではないとも言われている。



posted by dark at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437859604

この記事へのトラックバック