2016年06月26日

東電の原発CMが避難者を怒らせる

東電は去年の6月から新潟県で、原発のイメージアップを狙った6つの異なったCMを流しているそうです。
どうしても柏崎原発を動かしたいようです。
しかし、これは福島県から避難した3000人には全くの逆効果で、怒らせてしまっています。
1900人の署名を持って東電本社を訪れ、cmの停止と、CMにかかった費用の公開を求めています。
静岡県でも同様のCMが流れているようです。
浜岡原発も動かしたいようです。
新潟県については次の知事選で原発推進派を勝たせて柏崎原発稼働に結びつける皮算用のようです。
なぜここまでして原発を再稼働させたいのか?
理由は一つ、原発をアイドル状態で置いておくと莫大な金がかかるということに尽きるでしょう。
使用済み核燃料は未来永劫冷し続けなければならず、電気代がはんぱない。
作業員にも毎月の給料は支払い続けねばならない。
また、毎年かかる税金も莫大な金額となる。
原発の一体どこが安くてエコなのか?


posted by dark at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439423046

この記事へのトラックバック