2016年07月03日

Brexitと福島メルトダウン

福島メルトダウンで痛手を負った、日立、東芝、東電は、イギリスへの原発輸出で損失を取り戻そうと画策していた。
それは、強いポンド、弱い円という背景があって成り立つものだったが、Brexitによるポンド急落、円急騰により成り立たなくなった。
核兵器所有をもくろむ安部首相も、黒田総裁をせかして、ゼロ金利へと持ち込み、日立、東芝、東電、建設業界へと融資し、デフレに苦しむ銀行に元気を与えようとしていた。
しかし、東電はイギリスで何をしようと企んでいるのか?
日本で行っているようなマスコミによる集団詐欺と秘密裏に放射能を海に陸にぶちまけることか?


posted by dark at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック