2016年08月13日

グリーンランドの氷の下から現れる放射能汚染のアメリカ軍基地

60年代に作られたグリーンランドの氷の下のアメリカ軍基地。
何十年も前に放棄されたこの基地には多量の放射性廃棄物がある。
分厚い氷の下に永久に姿を現すことはないと思われたこの秘密基地は、地球温暖化によりその脅威を現実にしようとしている。
この秘密基地は小型の原子力発電所で動いていたので、当然その使用済み燃料や廃棄物がある。
また、発がん性物質のPCBも多量にあるという。
溶ける氷と氷河の動きによりこの危険物質は遂には海へと到達すると思われる。


posted by dark at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440996239

この記事へのトラックバック