2016年08月28日

アメリカ、イギリス、イスラエルが911を計画、実行

ロシアのインサイダーからの情報によれば、
プルトニウムをベースとした砲弾は、残留化学物質から、そのプルトニウムがどこで作られたか、またいつ作られたかが分かるそうだ。
これがブッシュ1,2への過剰核兵器をイスラエルへ輸送したことへの脅迫となっている。
2キロトンの装置がビルを崩壊させることが出来る。
放射能は72時間以内に許容範囲内となり、ほとんどの放射能はパウダーとなったコンクリートの中に閉じ込められる。
違法な核物質の国外持ち出しはイスラエルのみに留まらず、EU諸国もそのようだ。
核砲弾の通常の使用期限は150日で、イスラエルはこれを作りかえていた。
マイクロ核兵器は、バリ、ロンドン、日本のリアクターで使用された。
911で使用されたマイクロ核はニューヨークのイスラエル大使館で保管されていた。
イスラエルは自ら作りかえた核の威力を試す場が必要だった。
北朝鮮の核もイスラエルが提供したものだ。
イスラエルは同時にインド、ブラジル、中国、台湾、日本、北朝鮮、韓国、他へもこの核兵器を供給している。
しかし、マイクロ核は試用期間が短く、売りつけられた国は不良品だとして怒っている。



posted by dark at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 911 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック