2016年10月08日

小林痲央さんの出身地は?

小林痲央さんが乳がんを患い、ステージ4だとの報道がなされていますが、まだ34歳と若いにもかかわらず
人はこのようなガンにかかるものだろうかと疑問に思い、小林痲央さんの出身地などを調べてみました。

新潟県小千谷市、ここ世界一大きな原発、柏崎刈羽原発から30キロ圏内、しかも、真東にあり常に原発からの風が吹いている状態。
原発は、燃料交換時に、原子炉のフタが開くんですね。
その時に大量の放射能を放出すると言われています。
また、使用済み燃料冷却プールにはフタは有りませんね。
また、原発から出るトリチウムはそれを捕らえる技術はなく文字通りダダ漏れ状態。
その近海の魚からトリチウムを摂取する可能性は否定できない。

また、もしこれらの弾丸から運よく逃れていたとしても、母親が妊娠前に運悪く被爆していたとすると
その負の遺産は子供に受け継がれると言われています。
これをアトミックエッグと呼ぶそうです。

プルトニウムに至っては、その原子一個を運悪く呼吸や飲食から取り込むとガンになると言われています。

福島原発事故以降では、東京でもかなりの放射能汚染があったといわれていますから、今後は更にこのような悲劇が多くなるように思います。
posted by dark at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック