2016年10月19日

緊急事態!ディエゴガルシアに米軍爆撃機が終結!

この記事を投稿した人は、6週間に1度メンテナンスのためディエゴガルシアを訪れる契約会社の人ですが、
9年間で未だかつてない飛行機がひしめいているとのこと。
そして今や道路上にも飛行機が止められているそう。
一時的なバラックやハンガーが次々と建てられているそう。
空軍や海軍のメンテナンス要員のテントシティーも出来ているとのこと。
同僚の元空軍の人は、核兵器が近くにある時のようだと言っているそうだ。
12以上の給油用タンカーが配備されているとのこと。
港は船でいっぱいで、6〜8船が遠くに繋がれているそう。
爆撃機B52の団体が来ていて、真黒に塗られているそう。

その他、ロシアでは、一般市民に核戦争に備え、核シェルターの近くにいるようにと言われているらしい。
また、食料を備蓄しておくようにとも言われているらしい。

また、田中宇さんのHPでは、アメリカとロシアが戦争するかもと言っている。(核戦争)

急激に悪化するこの世界情勢は、アメリカの軍産複合体が追いつめられていることによるらしい。
それで、ヒラリーを勝たせようとトランプに対し誹謗中傷を与えているようだ。
大統領選挙の票数が操作されヒラリーが勝つ確率が高いそうだ。
そうなるとおそらくアメリカVSロシアの核戦争が不可避になることが予想される。


posted by dark at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3時世界大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442944857

この記事へのトラックバック