2017年02月04日

ワクチンとCDC

CDC;アメリカ疾病予防管理センター

CDCには、ワクチンの安全性を評価する科学的機関としての側面と、ワクチンのセールスを推し進める利益を追求する会社としての側面がある。
そして、必要なワクチンを受けさせるスケジュールを計画する役割ももちろん持っている。
CDCは国家権力をバックに持ち、フェイクニュースのメディアに支えられ、ワクチンを売っている。
同時に、どれだけのワクチンを国民は受けるべきかを決めながら。
どんなセールスマンでも羨む職業だ。
以下はロバートケネディの発言

2001、2002、2003、2008、2014年にそれぞれアメリカ国会議員による調査が行われたが、どれもCDCは汚職のデパートだと表現している。
おびただしい医薬産業からの補助金で操り人形化している。
CDCは独立した機関ではなく商業目的の会社である。
そこの科学者は形だけのものであり、ワクチンを出来るだけ売ることが目的である。
私が子供のころはワクチンは3種類だった。
今の私の子供は69のワクチンを打たれる。
それは1989年に変わった。
それは国会が医薬業界の金に溺れたからだ。
国会はCDCのための法律を通過させた。
医薬業界は、石油、ガス業界の2倍の影響力を持つ。
医薬業界を訴えようとする弁護士が現れるとその弁護士はどこかへ消えさる。

posted by dark at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446658692

この記事へのトラックバック