2017年04月16日

朝鮮危機

トランプ政権による秘密裏に行われるはずだった北朝鮮との対話は、クアラルンプールでの金正男暗殺事件で行われなかった。
北朝鮮との核兵器廃棄の会談を止めさせるために暗殺が行われたのかもしれない。
日本の非核三原則はその初めから破られていた。
アメリカの核兵器が海や空から運び込まれていることを日本政府は見て見ぬふりをしていた。
北朝鮮の核兵器は数えるほどの規模の小さいものでしかなく、アメリカの規模が大きく数多くの核兵器や秘密裏に生産された日本の核兵器に比べれば取るに足らないものだ。
福島のセシウムの量が比較的多いことは、プルトニウム抽出工場があったことを裏付ける。
北朝鮮はなぜ核開発にこだわるのか?
一つはカダフィーが核廃棄条約に署名した結果どうなったかを見ることだ。
もし、北朝鮮のミサイルが日本の原発銀座の近くに落ちたらどうなるか?
メルトダウンの連続で大変なことが起きる。
安部首相のアメリカ空母へ軍艦を送って援護するという発言は、原発銀座が狙われてもしかたがないという意味合いになる。
アメリカの戦争は、連合国から金をむしり取るというマフィア的なことが含まれる。
戦争はアメリカにとって儲かる商売でしかない。


posted by dark at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 核兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック