2017年07月08日

911の真実?

誰が?

911は内部犯行である。

もっと正確には、911は外部犯行である。
犯人はイスラエル、アメリカ上層部の同意と協力を得て。
証拠は、
・5人の踊るイスラエル人
  崩壊するWTCを撮って喜びに満ちて踊っていた。
  その後5人は逮捕されるが、イスラエルへ送還された。
  その後そのうちの2人はイスラエル秘密情報機関モサドの工作員であることが判明。

・空港の警備会社
  ハイジャックの起こった空港の警備会社はイスラエル人がオーナー

・幸運なラリーシルバースタイン
 ラリーは911の2か月前にWTCを1億2400万ドルで購入。
 50兆ドルの保証金を得る。
 911の起こった朝に友人のベンジャミンネタニヤフ(イスラエル首相?)から電話をもらい病院に行って難を逃れる。

・イスラエルの世界で9番目に大きな海運会社はWTCに入っていたが、911の2週間前に移転した。社員200人が難を逃れた。

・911調査委員会の執行議長はフィリップゼリコウでアメリカとイスラエルの2重国籍である。

・イスラエルの会社オディゴの社員は911の起こる2時間前に避難勧告を受けて無事だった。

・911で一番得したのは誰か?
 中東諸国は酷い目にあった。
 アメリカは中東との戦争で多数の犠牲者を出し、その費用を出し、市民の自由を犠牲にした。
 イスラエルだけが徳をして、グレートイスラエル計画を実行できた。

(1)何がWTCタワーを倒したか?
   主流の考えはナノサーマイトということになっている。
   通常のビル解体に使われるものだ。
   しかし、核爆弾が使用されたという考えもある。
   粉塵サンプル調査によって、ウラニウム、ストロンチウム、バリウム、ソリウムという放射性元素が見つかっている。
   溶けた鉄の塊が3ヶ月後まで燃えていた。
   ビル内部のものは人間も含め蒸発して消えた。
   ニューヨーカーは巨大な粉塵に包まれ逃げ回った。
   通常のビル解体では考えられない。
   
  
(2)何がWTCタワーに突っ込んだか?

(3)飛行機と乗客に何が起こったか?



長くなったので続きは後ほど。
posted by dark at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 911 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック