2017年07月19日

77.7万トンの放射性廃棄物が太平洋に放出?

東電が77.7万トンのトリチウムに汚染された水を太平洋に捨てようとしている。
あとは政府の承認が下りるのを待つだけ。いわば時間の問題。
580のタンクに貯められた汚染水は、いつまでも増やし続けるわけにもいかず、太平洋に捨てるのは実際、時間の問題だった。
いわば、世間の非難の嵐が過ぎ去るのをじっと待っていたわけだ。
嵐は過ぎ去ったとの判断が東電と政府であったのであろう。
トリチウムは比較的人体に被害が少なく、普通の原発ではトリチウムは普通に捨てられているとのことだが、だからといって捨てていいはずがない。
世間一般の反応は少ない。しかし、それは単にマスコミが報道しないので知らないというだけ。
原発に関してはマスコミは完全に牙を抜かれている。
あとは漁業関係者をどうなだめるかだけか?


posted by dark at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック