2017年07月30日

911の真実?part3

911の真実part2の続き

ーーーーーーーーーーー

(3)飛行機と乗客に何が起こったか?

  911でハイジャッカーとされた犯人は無能なパイロットということのみならず、その後何人かは生きていることが判明した。
  なので、次のような仮説が出てきた。
  「ハイジャック犯は誰もいなかった。
   飛行機は電子的にハイジャックされた。
   飛行機からの電話はうそで、乗客や乗務員は緊急の俳優だった。
   その人たちは高額の報酬をもらい、別の人としての人生が用意されていた。
   または、乗客はCIAのエージェントで乗客のふりを電子的にしていた。
   
   しかし、作者の熟考の末、行きついた結論は
   「ハイジャック犯は存在したが、それはアラブ人ではなく、イスラエル人の特殊工作員だった。
    セスナもろくに操縦できない騙されやすいアラブ人ではなく、長時間ボーイング757、767の飛行実習をうけたイスラエルのエリートだった。
   ハイジャック犯がコックピットのドアを開けられたのは、非常時ように用意してあったキーの場所を知っていた、又は合鍵を用意していた。
   犯人はカッターナイフで首を切って殺したわけではなく、エピペンなるもので簡単にパイロットを殺し、操縦の得意な別の犯人がパイロットとなった。
   犯人は、アラブ人が犯人だと人々に知らせるために電話をかけることを奨励した。
   上空からは通じないとされている携帯電話も実際には通じる可能性が高い。

   乗客と飛行機はどこへ行った?

   飛行機はWTCやペンタゴンを飛び越し、大西洋へと向かった。
   乗客や乗務員は毒ガスによって殺された。
   犯人はコックピットの中で酸素マスクを付けて安全だった。
   犯人は、大西洋に着水を試みた。何度も訓練した通りに。
   イスラエルの潜水艦は犯人を回収した。
   飛行機は乗客もろとも海の底へと沈んでいった。
   



posted by dark at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック