2017年12月10日

ミラージュマン

ミラージュマン、直訳すると蜃気楼男。
CIAは新たな技術を隠すためUFOを2重の崖に仕立てた?
CIAはアメリカ人をだますため、UFOは本当に存在すると信じさせ新たなテクノロジーを隠してきた?
イギリスのこの分野を徹底的に研究してきた作家は「Misterium」という本に貢献し、この戦略は「ミラージュマン」というミステリアスな人たちによっていたという。
アメリカがUFOを開発しているときに目撃されたときに、便利な説明がUFO(宇宙人の乗り物)だったということだ。

https://sputniknews.com/analysis/201712041059686874-ufos-cia-mirage-men/
posted by dark at 18:53| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

西側の大虐殺

アフリカ人が地中海を渡りヨーロッパへと押しかけているのは、レイプにより性感染症を広めるため?
特にエイズ。
ヨーロッパの白人女性、少女、少年はこれに犯されている。
シオニストグローバル主義者は、若い白人を抹殺しようとしているように思える。
法廷は、エイズを広めようとしているようにしか見えない。
1.エイズ感染者、結核感染者の侵入は100%計画的だ。
2.第4世界の発育不良者は、本人が自覚しているかどうかに関わらず、死と病を広げる任務を負っている。
3.これはなぜ国連や難民救済組織が難民を検査しないかを説明する。
 アフリカの医師は移民に「健康」と言ってエイズ感染者、結核感染者を送り出している。
4.CDCはこれに共謀し、エボラ、マーバーグその他の感染者を送り出している。

これこそが「計画」である。最も非人道的な人間兵器によるバイオウォーである。
ヨーロッパはエイズ危機に瀕している。アフリカ人、イスラム人の蛮行によって。
神よ私が間違っていることを祈るが、私が得ている情報からはそれを補強している。
その間にもCDCの飛行機はマーバーグ感染者を載せ飛んでいる。
私はこれは空気感染出来るように変異すると疑っている。
これは6年前にオバマが移民者のエイズ検査を取りやめたことから始まっている。
シリアの移民者へのオープンドアは、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアの白人を死滅させるための陰謀だ。それはどう考えても否定できない。
アフリカのヨーロッパへの移民者は北アフリカで列をなして移民船を待っているが、その間にキャンプで強制的にエイズを発症させられていると考えられる。
また、レイプと同時にこの感染者に噛まれるということが報告されているが、エイズ感染者に噛まれることは死を意味する。
ところで空気感染する病気は2000以上ある。それはどこにも終りがない。
マーバーグに関しては、エジプトはマーバーグ感染者を有する国からの渡航者は入国禁止とした。
どこの国もエジプトを人種差別と非難してはいない。
私はマーバーグはエボラの遺伝子組換えによって出来た物ではないかと疑っている。
我々には残された時間はわずかしかない。
シオニストの白人の数を十分に少なくし世界のイスラエル支配計画を阻止しない限りヨーロッパの死は避けられない。


http://rense.com/general96/plannedAIDS.html
posted by dark at 18:22| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

遺伝子組換え米!?

遺伝子組換え作物の問題はアメリカの問題とばかり思っていましたが、なんとこの日本で、しかも主要作物の米が遺伝子組み換えのものになってしまいそうです。
安部を首相にしているととんでもないことが起こります。
日本人は今後遺伝子組換え人間になってしまうのでしょうか?

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12332004567.html
posted by dark at 08:45| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンを引き起こす7つの食べ物

1.きのこ
 きのこからカドミウムが見つかり、カドミウムはエストロゲンに似た働きをするためガンに成りやすいという。
カドミウムは、肝臓、貝、腎臓、タバコからも見つかっているそう。

2.マイクロウエーブポップコーン
 バッグに塗ってある化学物質がガンを引き起こすという。
ポップコーンから出るいい香りもまた化学物質で毒物ということ。

3.養殖魚
 養殖魚は抗生物質、殺虫剤、その他のガンを引き起こす化学物質が与えられており、自然界のものより16倍のPCBがあるそう。
また、栄養も少ないそう。

4.加工肉
 WHOは加工肉(ハムなど)をガンを引き起こすグループ1に指定しており、これには、アスベスト、タバコが含まれるそう。

5.人工甘味料
 アスパーテームはガン細胞を活性化させるそう。
6.ポテトチップス
 高温で揚げることで発がん物質アクリルアミドを発生させるとのこと。
また揚げる油にはトランス脂肪酸が使われており発がん性があるとのこと。
7.ブロッコリ
 ブロッコリには葉酸が多量に含まれており突然変異したBRCA核種が子宮ガン、乳がんを引き起こすそう。
また葉酸は体内でホルムアルデヒドを作りそれが悪い腫瘍を引き起こすそう。


http://rense.com/general96/7foodscancer.html
posted by dark at 08:29| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

殺人ドローンロボット



近未来的な映画のシーンのような動画ですが、最後に専門家が出てきてこのようなことは十分に可能だとしています。
一旦狙われれば、たとえどこに居ようとキラードローンが窓を破って侵入し頭に致命傷を負わせ即死するというウソのような話が現実になろうとしています。
posted by dark at 08:08| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

「時間ぎれ」1万5千人の研究者が人類滅亡の警告書を提出

世界中の1万5千人以上の研究者が将来の地球の健康的な環境を保つ戦いは既に時間切れであるという報告書を提出した。
報告書のタイトルは「世界の科学者は人類に警告する」というもの。
「我々の失敗への軌道を変えるにはすでに遅すぎるだろう、時間切れだ。」
「我々は地球に住む全ての生物の家は地球だけであり、日々の生活や政治機関を見直さなければならない」
過去25年間でできた海洋汚染によって出来た海のデッドゾーンや1億2900万ヘクタールの森林破壊など。
魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類の数は1970年から58パーセントも減少した。
人類が行ったことで良かったことはオゾンホールを減少させる物質の排出を減らしたことだ。
これは、人類はやればできるというポジティブな例である。

https://www.rt.com/news/409786-world-scientists-warning-letter/
posted by dark at 18:42| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

決定的な不正選挙の証拠現る!



自民党で比例で当選した人の票の集計が0になった自治体があった。
そこでは確かに投票したという人が複数いて、日本の選挙事態が疑わしいという騒ぎになっている。
posted by dark at 18:14| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期日前投票は自由に操作可能!?

期日前投票はムサシにより自由に捜査可能だそうだ。
今回の選挙、台風21号接近により大量の期日前投票があり、期日前投票所も各地に増設されたそう。
ニュースでは連日台風接近により期日前投票を呼び掛けていた。
この台風21号事態気象操作かもという噂もあるよう。
さらに、小池と安部がグルという噂もあるよう。
小池新党が、野党を破壊し野党連合を阻んだというもの。
益々恐ろしい企みが表面化してきそうだな。
加計学園が認可されたというのも晴天の霹靂のようなもの。


http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/9893a89016c38c209b890e1ae0fc4725
posted by dark at 08:42| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

ラスベガスシューティング経験者死亡

なんと前回の記事ラスベガスシューティング経験者を書いたキンバリースコメルさんがラスベガスシューティングの約1週間後の月曜日早朝に自宅で死亡しているのが確認されたそうです。
ご主人が朝の4時半に仕事に出かけた後、おばあさんが朝の8時半に3歳の娘の世話に来たところキンバリーさん28歳が死んでいるのを見つけたそうです。
何も事件性はなさそうですが、あまりにも突然に、あまりにもタイムリーに口封じされたような感じがします。

http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=454198601
posted by dark at 17:40| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ラスベガスシューティング経験者

ラスベガスシューティングを経験した女性の談話。
最初に花火のクラッカーが爆発して、誰がこんなことをと怒っていたら、2回目のクラッカーのような音が起こり、みんなクラッカーだと思っていたら実際の銃撃だったとのこと。
あわててブーツをはいて逃げ出そうとしたら近くのおじさんが花火だよと笑っていたとのこと。
会場から遠くへ逃げて行ったが、ガンマン達!は追ってきて何キロも走り続けた。
銃弾は前から、後ろから側面からとあらゆる方向から飛んできた。
銃弾に当たっていたとしても何の不思議もなかった。
家に帰りついてテレビでニュースを見ると実際と全く違うことを言っていた。
経験者誰に聞いても同じことを言うだろう。
http://www.rense.com/general96/unhurtdies.html
posted by dark at 18:12| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ラスベガス射撃事件、疑問山積み

謎の一つは、FBIの下した結論の速さが尋常ではないこと。
他の有名な事件の結論を出すには何カ月も要しているのに。
ISISは何度も犯人はイスラム教に改心したと宣言したが、FBIは即座に否定している。
トランプとロシアが共謀しているという問題についての調査はまだ結論が出ていず、出る兆候すらない。
ラスベガス射撃事件については、非常に少ない証拠しかないが、結論は即座だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これがやらせテロ事件かどうかはわからないが、政府当局とメディアによって話がでっち上げられていることは確かだ。
確かなことを知るには現地に行って実際に調べて目撃者に聞くしかない。
コンサート会場とホテルは356メートルも離れている。
当局の説明はいつも目撃者やその他の証拠と矛盾している。
政府当局の説明は即座に用意され、それがメディアによって無限ループのように繰り返される。事実との矛盾が説明されることはなく忘れ去られていく。
死者及び負傷者数は573人。
約4分間の射撃で32階の窓から356メートル離れた4フットボール会場めがけて。
全く軍事訓練の無い64歳の一般人。物理的に無理。
マシンガンの購入は法律で禁止されているそうだ。
しかも23丁?
銃撃は4階の窓からもあったとの目撃談があり、そのyoutubeは見られないようになっている。
犯人のパドックは決して精神異常者ではなく、退職した億万長者だ。
自家用機を持ち、専用のパイロットも持っている。
弟は全く信じがたいと語っている。
そのホテルはカジノのホテルで監視カメラはそこらじゅうにあり、23丁もマシンガンを運んだら分かりそうだ。その前に一人だけでは不可能だろうが。
白人が銃を持つことは危険であるので禁止にするための事件?
また、このホテルの警備員が何人も殺されているという話がある。
逃げる警備員を追って犯人が銃撃していたとう目撃談がある。
パドックはホテルの部屋で殺されていたが。
パドックのいた部屋には多量の薬きょうが見つかるはずだが数えるほどしか見つかっていない。
メディアの伝える内容との違いが大きすぎて混乱ぎみです。


http://thepoliticalinsider.com/one-burning-question-las-vegas-shooting-everyone-confused/

http://www.paulcraigroberts.org/2017/10/04/las-vegas-shooting/
posted by dark at 18:25| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

福島のトリチウムはタイタニック以上?

東電は福島第一に貯蔵された約100万トンのトリチウム汚染水を太平洋に廃棄する準備をしている。
日本は1972年に署名したロンドンでの核廃棄物の海洋投棄を禁止する条約に反することをしようと画策している。
海底に沈んだトリチウムや重水素は、核融合する可能性を秘めている。
それは地震や津波、火山爆発をゆうに誘発する力を持っている。
核爆発には高温状態にする必要があるが、トリチウムにはミュオン触媒コールドヒュージョンという室温以下でも核融合を引き起こす能力を持っているらしい。
東電のトリチウム汚染水の放出は、これが起こるかどうかの実験となるだろう。
海に放出されれば拡散するので安全だという考えは間違っている。
トリチウムは水より重いので、どんどん沈んで行き、最終的には深い海溝へと集まって行きそこに集中する。
蒸発したトリチウムはジェットストリームに乗り北米大陸やハワイの山などに雨となって降り注ぐ。
また、北極地方にも降り、氷を溶かしていく。
ミュオンは空から降り注ぐのではなく簡単に地球を貫くのであらゆる方向からやってくる。
日本の海溝でこれが起これば、それに続いて地震、津波、火山活動が起こることはほぼ間違いない。



http://www.rense.com/general96/fukutritium.html
posted by dark at 18:55| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

中東での戦争

アメリカの起こした中東での戦争にはアメリカの法律、憲法、国連の法律に基づく正当な理由がないそうです。
なぜならイラクはアメリカ政府やCIAにそそのかされてクエートに侵攻したからです。
CIAはクエートのリーダーをそそのかし水平掘削によりイラクのメイン油田に到達した。
CIAの所有する掘削会社はクエートにそのプランは成功確実でイラクには決して分からないと保証した。
その後アメリカのイラク大使館は、サダムフセインに会い、クエートは水平掘削を行いイラクの最大の油田から石油を得ていると密告した。
更にこれを証明する衛星写真も見せられたという。
サダムフセインは怒り、アメリカ大使館にもしイラクがクエートに侵攻し、イギリスに不正に奪取された土地を取り戻したらどうなるか尋ねた。
アメリカ政府はこれをアラブ圏内の紛争で、何の感知もしないと答えた。
フセインはこれをゴーサインとみなし、クエート侵攻を開始した。
もちろん一般市民には何の情報も無かった。
フセインが15歳からCIAのために働き、イスラエルのために喜んでイラクと戦争したことは。
そのために何百万人もの無実の一般市民が犠牲になって死んだことも。
一時は近代的な国として栄えたイラクも今はアメリカの爆撃でインフラが破壊され無残な状態となっているが。
悲しいことにこれは長い間イスラエルとペンタゴンによって計画されたことである。シリアやイランもまた。
しかし、今やロシアが間に入りこれを阻止している。
イラクがクエート侵攻後、CIAがコントロールするマスメディアはウソと間違った情報を大々的に流し始めた。これによりアメリカ一般市民がイラクとフセインをたたきつぶす戦争を支持するようプロパガンダを大々的に流した。
後に完全なウソと分かったことは、イラク兵士がクエートの病院で保育器の赤ん坊を床に投げ捨てたというもの。
墜落UFOからの技術によりアメリカ軍は天の声をイラク兵士に流し、アラーが完全に降伏し、死を受け入れるように言っているように流した。何千ものイラク兵士はブルドーザーによって生き埋めとなり死んだ。
2度目はフセインは大量破壊兵器を持っているとされ侵攻された。
後にこれは完全な誤りだったことが証明され、ペンタゴンによって作られ、国連に支援された。
これは国際的な戦争犯罪であり、人間性の冒涜であり、国連は悪用され同盟国は経済的に巻き込まれた。
そして今度はアフガニスタンである。
アフガニスタンはアヘンと貴重地下資源を得るために侵攻された。
同じ動機で侵攻したソ連はCIAによって作られたムジャヒディンによって撃退されている。
イスラエルのモサドが911にアメリカを攻撃したとき、アメリカ政府は直ちにアフガニスタンのオサマビンラディンを犯人として非難した。
これはマスメディアによって延々と流された。
ビンラディンはCIAの人間でムジャヒディンを指揮していただけなのだが。
ISISはCIA、イスラエル、サウジアラビアによって育てられた組織だ。
リビアのカダフィーもまた不正に殺された被害者だ。
アメリカ、イスラエル、イギリス、サウジアラビアはCIAやNATOを使って世界中で紛争を巻き起こし戦争なしには成り立たない経済だ。



http://www.veteranstoday.com/2017/08/23/disturbing-truth-about-all-american-wars-in-the-mideast-since-ww2/
posted by dark at 06:50| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

誰がこんなことを?

キャトルミューティレーションはUFO番組にはお馴染みのテーマで誰でも聞いたことはあるでしょう。
今では単なる都市伝説としてかたずけられることが多いように感じます。
しかし、ここで書かれていることはそんな都市伝説ではなく現実の説明不可能な現象です。
また、牧場のオーナーにとっては、頭の痛い問題でしょう。
現象は全て昔見た矢追スペシャルのままであり、タイムトラベルしたような感覚になります。


https://sputniknews.com/us/201708011056085483-animal-mutilation-aliens-abduction/
posted by dark at 09:45| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

911の真実?part3

911の真実part2の続き

ーーーーーーーーーーー

(3)飛行機と乗客に何が起こったか?

  911でハイジャッカーとされた犯人は無能なパイロットということのみならず、その後何人かは生きていることが判明した。
  なので、次のような仮説が出てきた。
  「ハイジャック犯は誰もいなかった。
   飛行機は電子的にハイジャックされた。
   飛行機からの電話はうそで、乗客や乗務員は緊急の俳優だった。
   その人たちは高額の報酬をもらい、別の人としての人生が用意されていた。
   または、乗客はCIAのエージェントで乗客のふりを電子的にしていた。
   
   しかし、作者の熟考の末、行きついた結論は
   「ハイジャック犯は存在したが、それはアラブ人ではなく、イスラエル人の特殊工作員だった。
    セスナもろくに操縦できない騙されやすいアラブ人ではなく、長時間ボーイング757、767の飛行実習をうけたイスラエルのエリートだった。
   ハイジャック犯がコックピットのドアを開けられたのは、非常時ように用意してあったキーの場所を知っていた、又は合鍵を用意していた。
   犯人はカッターナイフで首を切って殺したわけではなく、エピペンなるもので簡単にパイロットを殺し、操縦の得意な別の犯人がパイロットとなった。
   犯人は、アラブ人が犯人だと人々に知らせるために電話をかけることを奨励した。
   上空からは通じないとされている携帯電話も実際には通じる可能性が高い。

   乗客と飛行機はどこへ行った?

   飛行機はWTCやペンタゴンを飛び越し、大西洋へと向かった。
   乗客や乗務員は毒ガスによって殺された。
   犯人はコックピットの中で酸素マスクを付けて安全だった。
   犯人は、大西洋に着水を試みた。何度も訓練した通りに。
   イスラエルの潜水艦は犯人を回収した。
   飛行機は乗客もろとも海の底へと沈んでいった。
   


続きを読む
posted by dark at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする