2018年02月11日

エボラ感染の黒人がマルタからメイン洲へ

アメリカ疾病予防管理センターの飛行機がエボラ感染の黒人を乗せアメリカへ運んでいるそうです。
マルタ島にはアフリカから筏に乗って流れ着いた黒人がいるそうです。
彼らは、出血性の目をしたまだ診察されていない黒人で、あるいは、ガーナインフルエンザ患者かもしれないし、マダガスカル疫病の患者かもしれないそうです。
ガーナインフルが出血性赤目病と混合しているかもしれない。
マルタからメイン州への旅費はアメリカ人の税金です。
メインはミネソタ同様破壊され、この動物たちは増殖し、2050年あるいはもっと早く、我々の社会は破壊されるだろう。
そのころには白人は少数派になっていて、黒人たちは残りの白人を殺しているだろう。
これらの黒人たちが一人30人もの子供を産む前に強制送還させるべきだ。
マルタにはソマリアからのいかだに乗った黒人たちが流れ着きそこではガーナインフルが流行し、マルタの医師たちはストライキを起こし、治療を放棄した、
これらの生物兵器とも言える黒人たちをアメリカ疾病予防管理センターはアメリカに運ぼうとしている。

http://rense.com/general96/CDCebola2.html
posted by dark at 18:28| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

火星、金星は過去核攻撃を受けた?

プラズマ物理学者 John Brandenburg博士の本“Death On Mars: The Discovery of A Planetary Nuclear Massacre.”によれば、
1976年のバイキングのデータを解析した結果、火星のキセノン129の量が地球に比べて2.5倍多いことを突き止めた。
このことを説明できる説は、2つの巨大な熱核水素爆弾の爆発以外にないと断言した。
時期としては、2〜3億年前とのことだ。
その火星の場所はシドニア地区とギャラクシアカオスとのこと。

また、金星についてもこのキセノン129の量が火星と同程度であるとのこと。
しかし、金星が奇妙なのは、火星のキセノン129量が直ちに公表されたのに比べて金星のデータは今までずっと隠し続けてきたということ。
ソ連もアメリカも金星についてはこのことは分かっていたはずだが、公表はしなかった。その他のデータは公表したにもかかわらず。
金星探査が火星探査の後だったことが関係しているかもしれない。

地球もまた、2億5千万年前頃、ペルム紀大絶滅というものを経験している。
海洋生物の実に96パーセントが絶滅したという全く何の説明もつかないものだった。
恐竜大絶滅のときも海洋生物の多くは生き残ったのだが。

このことは、太陽系を通りかかった何者かが、巨大核兵器で生物を絶滅させたということ以外説明がつかない。

火星調査に関係する別の科学者達によると、火星の隠蔽工作は確かに存在するという。
その中の一人は、火星の隠蔽工作は今現在も進行中だという。
1997年に発行された「Mars Underground」という小説を読むと面白いそうだ。
火星に絶滅した文明を発見した秘密政府が火星地下に地下基地を作る話だという。

https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2590&category=Science


posted by dark at 09:59| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

経済は爆弾のように爆発するだろう!

ピーターシフ氏は「経済は爆弾のように爆発するだろう」と語った。
「そしてその責任は全てトランプのせいにされるだろう」と語った。
これはトランプのせいではなく、クリントン、ブッシュ、オバマとバトンリレーのように引き継がれてきたものだ。しかし、それがトランプ任期期間中に起こることは確実だ。
トランプはいけにえとなるだろう。
税金軽減はその原因にされるだろう。
いずれにせよその時は迫っている。
トランプはクラッシュを止めようとするだろうが、トランプに出来ることは何もない。
その爆発とはどのようなものかと尋ねられると、問題は社会保障と医療保障だとのこと。
アメリカ人は多くの税金を払い、蓄えは3パーセント程しかない。
そして、多額の借金を抱えたアメリカ政府に多くを頼っている。
経済的に自立することが重要だとのこと。

http://www.shtfplan.com/headline-news/peter-schiff-the-economy-will-blow-up-like-a-bomb-and-trump-will-be-the-fall-guy_01232018
posted by dark at 18:55| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハワイで目撃された空中での爆発

ハワイで核ミサイル警報が鳴り響いた日の朝8時にハワイ上空で空中爆発があり、空全体を明るく照らしたとの目撃情報が入った。
目撃したのは、9つのツアーボートのガイドと、13人の旅行者で、隕石のように見えて突然爆発したそう。
これは訓練ではないだろう。米国は誤って何かをハワイで発射し、パニックを引き起こしたくないと思ったのだろう。

http://www.shtfplan.com/conspiracy-fact-and-theory/claim-hawaii-chart-boat-group-witnessed-explosion-in-the-sky-on-the-morning-of-false-ballistic-missile-alert_01212018
posted by dark at 18:34| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

ハワイの核ミサイル騒動

このような警報システムというものは、何重にも認証が必要であり、単なる誤ってボタンを押したというようなものではない。
また、もし、ボタンの誤操作だったらなぜすぐに取り消せなかったのか?
なぜ、38分間もの間警報が鳴り続けたのか?
警報は真実だったのか?潜水艦による攻撃がありそうだったのか?
それを北朝鮮のせいにして、トランプが戦争を始められるようにするため?
このようなことが可能な潜水艦はどこが持っているのか?

我々は、また911のような、真珠湾攻撃のような戦争に引きずり込まれる事件の一歩手前だったのかもしれない。
誰がこれを阻止したのだろうか?


http://tomatobubble.com/oops_missile_hawaii.html
posted by dark at 18:48| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

北朝鮮ミサイル警報

NHKが出した間違った北朝鮮ミサイル警報はハワイでの同様の誤警報の数日後だった。
NHKは職員の誤操作だったと詫びたが詳細は報じなかった。
NHKは警報後数分で誤りを修正したが、北朝鮮のミサイルに対する防御の予算は膨大なものになりそう。


http://www.latimes.com/world/la-fg-japan-mistaken-missile-alert-20180116-story.html
posted by dark at 18:31| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

ルイスエリゾンド、疑問と疑い

UFOの実在を証明したルイスエリゾンドなる人物への疑問と疑い
・今までに秘密計画を推進するために偽情報を植えつけたことは?
・10月にペンタゴンを辞めるとともにUFOの存在を暴露しているが、政府との間に交わした口外禁止の約束はなかったのか?
・政府からそれを破ってもよいという約束を取り付けたのか?
・もしそうでないなら政府は約束を破ったことについてどのように言っているのか?
・ペンタゴンはUFOについて公表してほしいように見えるが、それはなぜか?
・ペンタゴンによればあなたはペンタゴンを辞める時、UFOのビデオを持ち去ったそうだが、政府はそれをどう言っているのか?
・政府やその機関はUFOから回収した物質を調べているそうだが、それはどこにあるのか?
・科学者はその物質を分析出来ずにいるとのことだがそれは本当か?
・ニューヨクタイムズは何十年にも及ぶUFO否定、無視のあとなぜあなたを使ってUFO暴露したのか?
・インテリジェンス情報局の人間は、ウソをついたり騙したりすることを訓練されており、あなたの証言も疑わしいのですがそれについてのコメントは?
・ニューヨークタイムズとペンタゴンとあなたは協力してUFO暴露を行っているようですが、それはなぜですか?

記事には、もっと沢山の質問が載せられているのですがここでは割愛します。

https://jonrappoport.wordpress.com/2018/01/05/top-questions-and-doubts-about-ufo-whistleblower-luis-elizondo/
posted by dark at 19:10| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

UFO暴露、インサイダーゲーム

現在の一連のUFO暴露、特にニューヨークタイムズ、はメインソースとしてルイスエリゾンドを使うことを決めた。
新聞社が誰を信用できる情報源かを決めるのは由緒ある戦略だ。
メディアは情報源を代表して情報を流す。
しかし、それは真実ではない。
なぜならレポーターや編集者は別の情報源を使って違った話や、矛盾する話を流すこともできるから。
全ては誰を信頼できる情報源にするかにかかっている。
ミサイル基地でUFOを目撃した信頼できる軍の人間は沢山いる。
何十年にも渡ってこれらの情報は抑圧されてきた。
この情報だけでは不十分だ。彼らは自由に情報をコントロール出来る。
これが彼らのやり方だ。
何年か前にスティーブングリアのディスクロージャープロジェクトがあった。
彼は何人ものUFOコンタクトの話を証言してくれる軍人や情報局の人間を知っていた。
しかし、その時はその話は禁止されており、よって無視された。
驚くようなニュースを流すのはマスメディアの決断ではなく、権威の上層部からの合図があったからだ。
リチャードドーランは多数のUFO本の作者だが、彼はUFOについての恐ろしいほどの知識を持っている。
メディアは彼のところに行って話を聞き出すことは可能だが、それは起こらない。
なぜなら彼はあまりにも多くのことを知っていて、知られてはいけないことまで話すから。
彼は信頼できるし、記事を書くにはすばらしい情報源となる。しかし、それは問題ではない。
なぜ長年のUFO研究者グラントキャメロンは新聞にUFOの記事を書かないのか?
しかし、彼はセンスが良すぎて、話を深く掘り下げてしまう。
過去40年間のいつでも、その気になれば正真正銘のUFOについての記事を書くことは出来たし、それはUFOを確実に存在するものとして大衆に知らしめることが出来た。
しかし、今、青信号が灯った。
その目的は徹底的に真実を公表することでは決してない。
深く掘り下げることは、不都合な真実を公にしてしまう。
マスメディアはステージプレイだ。

https://jonrappoport.wordpress.com/2018/01/02/ufo-disclosure-the-insider-game-of-reliable-sources/
posted by dark at 19:03| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

あらゆるダウトを超えUFOは存在する!

現在人類の有する技術を超えた超ハイテクUFOはあらゆる論理的ダウトを排して存在すると前アメリカ秘密計画のヘッドは語った。
2か月前にAATIPという秘密計画長を辞めた、ルイスエリゾンド氏は、UFOの脅威について十分に自覚したほうがよいと警告した。
そのユニットは2012年に廃止されたとのことだが、異常な早さで飛ぶ飛行体(推進装置が見当たらない)についての書類を提出した。
氏は新聞記者にUFOには地域的なホットスポットが存在すると述べた。
時々原子力設備や発電施設に数多く現れる。
氏はUFOには十分に顕著な特徴が存在すると述べている。
異常なほどの行動能力、ソニックブーム無しの超音速のスピード、これらはレーダーシグナルデータ、飛行機からのガンカメラ映像、多人数による目撃報告などから裏付けられている。
UFOは人類に対する敵対的行動は全く見られないが、何かが起こる可能性はあることを注意していなければならない。
防衛省がリリースした秘密映像には戦闘機が捕らえたUFOが映っている。
デビッドフレイバー指揮官はニューヨークタイムズにその物体の長さは約40フィート、気体の排出はなく、翼やプロペラなども無かったと述べた。しかし、F18戦闘機よりも早かった。
「私はそれが何なのか全く分からない、私が見てきたものと何のかかわりも無く加速した」
「非常に不思議だ」
エリゾンド氏はフレイバー氏を評して「これまで着せられたUFOの汚名を晴らす英雄だ」と述べた。
「UFOが我々の所有物ではなく、また他のどんな国家によるものでもないことは明白だ」と述べた。
氏は辞任するときにアメリカ防衛大臣のジェームズマティスに宛てた文書で「なぜ我々はUFOにもっと資金と時間を使わないのか?防衛と国家の利益のためにも、UFOの能力とその意図を調査する必要がある」と述べた。
専門家は通常UFOは誤認等の説明はあるが、UFOの説明がないことが宇宙人はいないとの結論にはならないと警告する。
ペンタゴンはAATIPは5年前に閉じられたと説明するが、有る筋によると、それは何らかの形で今も続いているという。

ーーーーーーーーーーーーーーー
以前あったUFO否定論、懐疑論は全て否定されたと見てよいでしょう。
完全に肯定論の勝利です。
大槻教授は大学に辞表を出すべきでしょう。

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/ufo-pentagon-beyond-reasonable-doubt-video-us-navy-tracking-pilots-footage-unidentified-flying-a8127881.html
posted by dark at 08:00| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

アメリカ西海岸の大火

西海岸の山林で山火事が起こりかなりの被害を出しているそうで、私は知りませんでしたが。
この山火事の原因が米軍機のブルーレーザービームではないかという話があるそうですが、それは偽情報で真実を知られないためのカモフラージュということです。
真実は非常に難しく、深刻とのことです。
この異常な天候は、フクシマの原発事故に由来するとのことです。
出火元となる原因は、「ダークライト」という人間の目には見えないもの。
電磁サージという陽子と電子がぶつかり合い、雲の中の水滴の中で放射性元素がぶつかり合う。
その時に、青い火花のようなものを出す。
ミニ核分裂が起こるとガンマ、ベータ線を放出し、周囲から熱を奪い、急激に冷却する。
電磁エネルギーや放射性物質は電気システムの吸い寄せられ、家や店、車などに吸い寄せられ、出火する。
車の窓ガラスを留めているプラスチックは溶け落ちる。
最終的にトリチウムから飛び出たベータ線により青い光の球が水平線上に現れる。
ダークライトニングの近くにいる人は、一生分の放射線リミット以上の放射線を浴びる。
山火事の放射能を含んだ煤を吸った人は肺がんなどになる。

数えるほどしかいない活動家が厳しく警告するが、引き続き起こる災害が地球上の生物の大量絶滅を引き起こす可能性があると。
全ての政府や国連は反対もしくは無視するが。
ほとんどの人々は厳しい現実よりも甘いウソを信じたがる。
人類が絶滅の危機に瀕するときは、政府や地域のリーダーや原子力産業の出資者や規制者は最後の審判を受けるべきだ。
現在の無作為と思慮の欠如は、救済するには遅すぎる。
少なくとも正義は生き延びて、今後出てくる知性体あるいは、ちょっと立ち寄った知性体に警告を与えるべきだ。
人類は自然世界を守る責務を完全に失敗した。
エデンの園は失われ、人類は楽園を追放され、地球は死に、どこにも逃げ場はない。
あるのは乱暴な無知と貪欲と地に落ちたモラルだけ。
天使は涙を流さず、ただ安堵のため息をつく。全く罪深い人類が恐竜の仲間入りを果たして。
恐竜とは対照的にその運命に値しない人類ではあるが。

Ignition Of West Coast Firestorms By ‘Blue Laser’ Is Hokum
posted by dark at 17:02| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

アトランタ空港停電事件

12月17日に起きたアトランタ空港の停電事件は、何万人もの旅行者を真夜中まで足止めさせた。
この停電中にT機のみ離発着した飛行機がある。
それはボーイング747−412F、イスラエルの航空貨物機。
この航空機が運ぶものは、農産物、花、馬、家畜、そして危険物。
この飛行機は生物兵器も運ぶと言われている。
そして、この停電事件は放射性物質検知器を停止させるために引き起こされたものだという話が4chanというネットで流されているという。
この飛行機が着陸後、停電となり、5時間後に離陸許可が出た。(停電中)
離陸後6時間停電は続き乗客は待機となった。
その6時間で何が行われていたかといえば、残った放射性物質の除去作業。
たわしでごしごし洗い流し、汚れた衣服は処分された。
これが何百キロもの兵器級プルトニウムの入った金属容器の積み込みの作業。
これがイスラエルへそしてサウジアラビアへと渡って行った。

http://rense.com/general96/atlantaair.html
posted by dark at 18:37| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ジョンンレノンは正しかった。

ジョンレノンは正しかった「政府は精神異常者によって異常な目的のために動かされている」
「エスタブリッシュメントは邪悪のための名前だ。モンスターはそれが全ての生徒を殺そうが、革命が起きようがどうでもよい、もはやコントロール不能だ」
「アメリカVS.ジョンレノン」は、一人の男が政府にハラスメントを受けたということではなく、民主主義が犯されたということだ。
このような政府のハラスメントは特に新しいことではない。FBIは一般的に活動家、政治家、文化的人物、特にフォークシンガーのピートシーガー、画家のピカソ、喜劇化で映画製作者のチャップリン、コメディアンのレニーブルース、作詞家のアレンギンスバーグ、そして最も監視されていたのがマーティンルーサーキング、FBIは最も危険な人物と称していた。
レノンの場合は、ロックミュージックにのせたメッセージが変革をもたらすと考えていた。
マーティンルーサーキング、ケネディー、マルコムX、ロバートケネディー等と同様に、ジョンレノンもまた抹殺された。


http://www.informationclearinghouse.info/48384.htm
posted by dark at 06:29| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

ミラージュマン

ミラージュマン、直訳すると蜃気楼男。
CIAは新たな技術を隠すためUFOを2重の崖に仕立てた?
CIAはアメリカ人をだますため、UFOは本当に存在すると信じさせ新たなテクノロジーを隠してきた?
イギリスのこの分野を徹底的に研究してきた作家は「Misterium」という本に貢献し、この戦略は「ミラージュマン」というミステリアスな人たちによっていたという。
アメリカがUFOを開発しているときに目撃されたときに、便利な説明がUFO(宇宙人の乗り物)だったということだ。

https://sputniknews.com/analysis/201712041059686874-ufos-cia-mirage-men/
posted by dark at 18:53| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

西側の大虐殺

アフリカ人が地中海を渡りヨーロッパへと押しかけているのは、レイプにより性感染症を広めるため?
特にエイズ。
ヨーロッパの白人女性、少女、少年はこれに犯されている。
シオニストグローバル主義者は、若い白人を抹殺しようとしているように思える。
法廷は、エイズを広めようとしているようにしか見えない。
1.エイズ感染者、結核感染者の侵入は100%計画的だ。
2.第4世界の発育不良者は、本人が自覚しているかどうかに関わらず、死と病を広げる任務を負っている。
3.これはなぜ国連や難民救済組織が難民を検査しないかを説明する。
 アフリカの医師は移民に「健康」と言ってエイズ感染者、結核感染者を送り出している。
4.CDCはこれに共謀し、エボラ、マーバーグその他の感染者を送り出している。

これこそが「計画」である。最も非人道的な人間兵器によるバイオウォーである。
ヨーロッパはエイズ危機に瀕している。アフリカ人、イスラム人の蛮行によって。
神よ私が間違っていることを祈るが、私が得ている情報からはそれを補強している。
その間にもCDCの飛行機はマーバーグ感染者を載せ飛んでいる。
私はこれは空気感染出来るように変異すると疑っている。
これは6年前にオバマが移民者のエイズ検査を取りやめたことから始まっている。
シリアの移民者へのオープンドアは、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアの白人を死滅させるための陰謀だ。それはどう考えても否定できない。
アフリカのヨーロッパへの移民者は北アフリカで列をなして移民船を待っているが、その間にキャンプで強制的にエイズを発症させられていると考えられる。
また、レイプと同時にこの感染者に噛まれるということが報告されているが、エイズ感染者に噛まれることは死を意味する。
ところで空気感染する病気は2000以上ある。それはどこにも終りがない。
マーバーグに関しては、エジプトはマーバーグ感染者を有する国からの渡航者は入国禁止とした。
どこの国もエジプトを人種差別と非難してはいない。
私はマーバーグはエボラの遺伝子組換えによって出来た物ではないかと疑っている。
我々には残された時間はわずかしかない。
シオニストの白人の数を十分に少なくし世界のイスラエル支配計画を阻止しない限りヨーロッパの死は避けられない。


http://rense.com/general96/plannedAIDS.html
posted by dark at 18:22| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

遺伝子組換え米!?

遺伝子組換え作物の問題はアメリカの問題とばかり思っていましたが、なんとこの日本で、しかも主要作物の米が遺伝子組み換えのものになってしまいそうです。
安部を首相にしているととんでもないことが起こります。
日本人は今後遺伝子組換え人間になってしまうのでしょうか?

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12332004567.html
posted by dark at 08:45| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする