2017年10月21日

ラスベガスシューティング経験者死亡

なんと前回の記事ラスベガスシューティング経験者を書いたキンバリースコメルさんがラスベガスシューティングの約1週間後の月曜日早朝に自宅で死亡しているのが確認されたそうです。
ご主人が朝の4時半に仕事に出かけた後、おばあさんが朝の8時半に3歳の娘の世話に来たところキンバリーさん28歳が死んでいるのを見つけたそうです。
何も事件性はなさそうですが、あまりにも突然に、あまりにもタイムリーに口封じされたような感じがします。

http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=454198601
posted by dark at 17:40| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ラスベガスシューティング経験者

ラスベガスシューティングを経験した女性の談話。
最初に花火のクラッカーが爆発して、誰がこんなことをと怒っていたら、2回目のクラッカーのような音が起こり、みんなクラッカーだと思っていたら実際の銃撃だったとのこと。
あわててブーツをはいて逃げ出そうとしたら近くのおじさんが花火だよと笑っていたとのこと。
会場から遠くへ逃げて行ったが、ガンマン達!は追ってきて何キロも走り続けた。
銃弾は前から、後ろから側面からとあらゆる方向から飛んできた。
銃弾に当たっていたとしても何の不思議もなかった。
家に帰りついてテレビでニュースを見ると実際と全く違うことを言っていた。
経験者誰に聞いても同じことを言うだろう。
http://www.rense.com/general96/unhurtdies.html
posted by dark at 18:12| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ラスベガス射撃事件、疑問山積み

謎の一つは、FBIの下した結論の速さが尋常ではないこと。
他の有名な事件の結論を出すには何カ月も要しているのに。
ISISは何度も犯人はイスラム教に改心したと宣言したが、FBIは即座に否定している。
トランプとロシアが共謀しているという問題についての調査はまだ結論が出ていず、出る兆候すらない。
ラスベガス射撃事件については、非常に少ない証拠しかないが、結論は即座だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これがやらせテロ事件かどうかはわからないが、政府当局とメディアによって話がでっち上げられていることは確かだ。
確かなことを知るには現地に行って実際に調べて目撃者に聞くしかない。
コンサート会場とホテルは356メートルも離れている。
当局の説明はいつも目撃者やその他の証拠と矛盾している。
政府当局の説明は即座に用意され、それがメディアによって無限ループのように繰り返される。事実との矛盾が説明されることはなく忘れ去られていく。
死者及び負傷者数は573人。
約4分間の射撃で32階の窓から356メートル離れた4フットボール会場めがけて。
全く軍事訓練の無い64歳の一般人。物理的に無理。
マシンガンの購入は法律で禁止されているそうだ。
しかも23丁?
銃撃は4階の窓からもあったとの目撃談があり、そのyoutubeは見られないようになっている。
犯人のパドックは決して精神異常者ではなく、退職した億万長者だ。
自家用機を持ち、専用のパイロットも持っている。
弟は全く信じがたいと語っている。
そのホテルはカジノのホテルで監視カメラはそこらじゅうにあり、23丁もマシンガンを運んだら分かりそうだ。その前に一人だけでは不可能だろうが。
白人が銃を持つことは危険であるので禁止にするための事件?
また、このホテルの警備員が何人も殺されているという話がある。
逃げる警備員を追って犯人が銃撃していたとう目撃談がある。
パドックはホテルの部屋で殺されていたが。
パドックのいた部屋には多量の薬きょうが見つかるはずだが数えるほどしか見つかっていない。
メディアの伝える内容との違いが大きすぎて混乱ぎみです。


http://thepoliticalinsider.com/one-burning-question-las-vegas-shooting-everyone-confused/

http://www.paulcraigroberts.org/2017/10/04/las-vegas-shooting/
posted by dark at 18:25| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

福島のトリチウムはタイタニック以上?

東電は福島第一に貯蔵された約100万トンのトリチウム汚染水を太平洋に廃棄する準備をしている。
日本は1972年に署名したロンドンでの核廃棄物の海洋投棄を禁止する条約に反することをしようと画策している。
海底に沈んだトリチウムや重水素は、核融合する可能性を秘めている。
それは地震や津波、火山爆発をゆうに誘発する力を持っている。
核爆発には高温状態にする必要があるが、トリチウムにはミュオン触媒コールドヒュージョンという室温以下でも核融合を引き起こす能力を持っているらしい。
東電のトリチウム汚染水の放出は、これが起こるかどうかの実験となるだろう。
海に放出されれば拡散するので安全だという考えは間違っている。
トリチウムは水より重いので、どんどん沈んで行き、最終的には深い海溝へと集まって行きそこに集中する。
蒸発したトリチウムはジェットストリームに乗り北米大陸やハワイの山などに雨となって降り注ぐ。
また、北極地方にも降り、氷を溶かしていく。
ミュオンは空から降り注ぐのではなく簡単に地球を貫くのであらゆる方向からやってくる。
日本の海溝でこれが起これば、それに続いて地震、津波、火山活動が起こることはほぼ間違いない。



http://www.rense.com/general96/fukutritium.html
posted by dark at 18:55| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

中東での戦争

アメリカの起こした中東での戦争にはアメリカの法律、憲法、国連の法律に基づく正当な理由がないそうです。
なぜならイラクはアメリカ政府やCIAにそそのかされてクエートに侵攻したからです。
CIAはクエートのリーダーをそそのかし水平掘削によりイラクのメイン油田に到達した。
CIAの所有する掘削会社はクエートにそのプランは成功確実でイラクには決して分からないと保証した。
その後アメリカのイラク大使館は、サダムフセインに会い、クエートは水平掘削を行いイラクの最大の油田から石油を得ていると密告した。
更にこれを証明する衛星写真も見せられたという。
サダムフセインは怒り、アメリカ大使館にもしイラクがクエートに侵攻し、イギリスに不正に奪取された土地を取り戻したらどうなるか尋ねた。
アメリカ政府はこれをアラブ圏内の紛争で、何の感知もしないと答えた。
フセインはこれをゴーサインとみなし、クエート侵攻を開始した。
もちろん一般市民には何の情報も無かった。
フセインが15歳からCIAのために働き、イスラエルのために喜んでイラクと戦争したことは。
そのために何百万人もの無実の一般市民が犠牲になって死んだことも。
一時は近代的な国として栄えたイラクも今はアメリカの爆撃でインフラが破壊され無残な状態となっているが。
悲しいことにこれは長い間イスラエルとペンタゴンによって計画されたことである。シリアやイランもまた。
しかし、今やロシアが間に入りこれを阻止している。
イラクがクエート侵攻後、CIAがコントロールするマスメディアはウソと間違った情報を大々的に流し始めた。これによりアメリカ一般市民がイラクとフセインをたたきつぶす戦争を支持するようプロパガンダを大々的に流した。
後に完全なウソと分かったことは、イラク兵士がクエートの病院で保育器の赤ん坊を床に投げ捨てたというもの。
墜落UFOからの技術によりアメリカ軍は天の声をイラク兵士に流し、アラーが完全に降伏し、死を受け入れるように言っているように流した。何千ものイラク兵士はブルドーザーによって生き埋めとなり死んだ。
2度目はフセインは大量破壊兵器を持っているとされ侵攻された。
後にこれは完全な誤りだったことが証明され、ペンタゴンによって作られ、国連に支援された。
これは国際的な戦争犯罪であり、人間性の冒涜であり、国連は悪用され同盟国は経済的に巻き込まれた。
そして今度はアフガニスタンである。
アフガニスタンはアヘンと貴重地下資源を得るために侵攻された。
同じ動機で侵攻したソ連はCIAによって作られたムジャヒディンによって撃退されている。
イスラエルのモサドが911にアメリカを攻撃したとき、アメリカ政府は直ちにアフガニスタンのオサマビンラディンを犯人として非難した。
これはマスメディアによって延々と流された。
ビンラディンはCIAの人間でムジャヒディンを指揮していただけなのだが。
ISISはCIA、イスラエル、サウジアラビアによって育てられた組織だ。
リビアのカダフィーもまた不正に殺された被害者だ。
アメリカ、イスラエル、イギリス、サウジアラビアはCIAやNATOを使って世界中で紛争を巻き起こし戦争なしには成り立たない経済だ。



http://www.veteranstoday.com/2017/08/23/disturbing-truth-about-all-american-wars-in-the-mideast-since-ww2/
posted by dark at 06:50| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

誰がこんなことを?

キャトルミューティレーションはUFO番組にはお馴染みのテーマで誰でも聞いたことはあるでしょう。
今では単なる都市伝説としてかたずけられることが多いように感じます。
しかし、ここで書かれていることはそんな都市伝説ではなく現実の説明不可能な現象です。
また、牧場のオーナーにとっては、頭の痛い問題でしょう。
現象は全て昔見た矢追スペシャルのままであり、タイムトラベルしたような感覚になります。


https://sputniknews.com/us/201708011056085483-animal-mutilation-aliens-abduction/
posted by dark at 09:45| Comment(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

911の真実?part3

911の真実part2の続き

ーーーーーーーーーーー

(3)飛行機と乗客に何が起こったか?

  911でハイジャッカーとされた犯人は無能なパイロットということのみならず、その後何人かは生きていることが判明した。
  なので、次のような仮説が出てきた。
  「ハイジャック犯は誰もいなかった。
   飛行機は電子的にハイジャックされた。
   飛行機からの電話はうそで、乗客や乗務員は緊急の俳優だった。
   その人たちは高額の報酬をもらい、別の人としての人生が用意されていた。
   または、乗客はCIAのエージェントで乗客のふりを電子的にしていた。
   
   しかし、作者の熟考の末、行きついた結論は
   「ハイジャック犯は存在したが、それはアラブ人ではなく、イスラエル人の特殊工作員だった。
    セスナもろくに操縦できない騙されやすいアラブ人ではなく、長時間ボーイング757、767の飛行実習をうけたイスラエルのエリートだった。
   ハイジャック犯がコックピットのドアを開けられたのは、非常時ように用意してあったキーの場所を知っていた、又は合鍵を用意していた。
   犯人はカッターナイフで首を切って殺したわけではなく、エピペンなるもので簡単にパイロットを殺し、操縦の得意な別の犯人がパイロットとなった。
   犯人は、アラブ人が犯人だと人々に知らせるために電話をかけることを奨励した。
   上空からは通じないとされている携帯電話も実際には通じる可能性が高い。

   乗客と飛行機はどこへ行った?

   飛行機はWTCやペンタゴンを飛び越し、大西洋へと向かった。
   乗客や乗務員は毒ガスによって殺された。
   犯人はコックピットの中で酸素マスクを付けて安全だった。
   犯人は、大西洋に着水を試みた。何度も訓練した通りに。
   イスラエルの潜水艦は犯人を回収した。
   飛行機は乗客もろとも海の底へと沈んでいった。
   


続きを読む
posted by dark at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

USSフィッツジェラルドのウソの世界

アメリカの戦艦フィッツジェラルドは、横須賀沖でコンテナ船に衝突し死傷者を出した。
しかし、高度なレーダーシステムを持ち高度なコンピューター制御で動く戦艦がなぜコンテナ船に衝突したのか?
それは、レーダーシステムが壊れ、ナビゲーションシステムが壊れ、指揮系統が壊れたから。
何か大きな力が働いたということか?
それとも衝突しようとして衝突した?
7人もの犠牲者を出してまで?



posted by dark at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

アメリカは7機のUFOと27体の宇宙人の死体を隠している!

アメリカのDIAからリークされたとされる文書によれば、アメリカは7機のUFOと27体の宇宙人の遺体を隠しているとのことだ。
その文書によれば、1947年のロズウエル事件は実際に起こっており、隠蔽されているとのことだ。
ロズウエル郊外で破壊したUFOの破片と、4体の腐敗した宇宙人を回収したそうだ。
あるUFO研究家によれば、偽物に分類されたとのことだが。
3機のUFOはほぼ無傷であり、そのうちのT機はいまだにパワーを保っているという。
宇宙人は、UFOを地球環境に完全に適応させ、1957年からは墜落UFOはないという。
イギリスのエクスプレスによれば、DIAとコンタクトしその反応を待っているところとのこと。


posted by dark at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

エイリアンが世界を動かしている?

秘密の陰の政府(SSG)の最大の秘密は、147の地下の秘密軍事基地で高速地下鉄道で結ばれている。
そして、反重力装置による秘密の宇宙戦争(SSW)が行われている。
SSGの予算は、1.75〜2兆ドル(約200兆円)アメリカの年間予算が3.3兆ドルなので半分以上が消えて行くことになる。
これを止めないと経済崩壊は時間の問題である。
しかし、これをリークしようとする人は単純に殺されるか、自殺にみせかけて殺される。
SSWでは地球を侵略しようとする邪悪な宇宙人と戦っているとされている。
信用のおけるリークは許されているか、命じられて行われる。

確かなことは、邪悪な宇宙人と戦っているというSSGなる団体がいること。
その人たちは友好的と言われる宇宙人からマインドコントロールを受けジョイントリサーチをしているということ。
そして、地球を支配している人たちは、戦争を助長し、大量虐殺を行い、想像もできない程人々を苦しめ、邪悪な犯罪を一般市民に対して犯していること。
この支配階級の人々は、人間ではなく、魂がなく、いとも簡単にウソをつくということ。
現在ソフトな暴露が始まっており、来年かそこら第3次世界大戦に至らずに済めばアメリカ政府は宇宙人の存在を認め、1954年から存在する彼らとの協約を認めるだろう。

posted by dark at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

南極のピラミッド

南極のピラミッドと思われるものが写真に取られ、また人工衛星からも確認されている。
もし、南極にピラミッドがあるとすると、南極が雪に覆われる前の12000年以前にピラミッドを作る人類がいたことになる。
しかし、なぜかグーグルアースからはこのピラミッドは消し去られてしまったという。
古代の南極大陸は南国の楽園だったことは証明されているらしい。
ナチスも南極には古代文明が存在したとして興味を示していたという。
南極には地球内部空洞説の入口があると考える人もいるという。
不思議なピラミッドからUFOやアトランティスまで南極大陸にはミステリーが数多く存在するが、政治による圧力や、誤った科学的歴史考証などにより、不幸にも真実を知ることはほぼ不可能である。

posted by dark at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

フェニックスライト 20周年目撃証言

1997年3月13日夜8時半、巨大なV型飛行物体がゆっくりと南へ向かって飛行していた。
すぐ近くの空港にはボーイング737がこの物体を通り越し着陸した。
パイロットにもレーダーにもこの物体は映っていないようだった。
「なんてこった、この物体は1マイルも長い。我々の目の前を通る時は、左の翼しか見えなかった」
推進装置らしきものはどこにも見えず、全くの無音だった。飛行高度や速度は全く変わらなかった。
この物体が輝く月の前を通ると物体は半透明となり、月が見えた。
月を通り過ぎると黒いソリッドな物体となった。
その後、南の暗い空へ消えて行った。
トータルの目撃時間は1分45秒だった。



posted by dark at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイロットが巨大UFOを証言

巨大な物体、少なくとも1マイル以上、が北西から近づいてきた。
多分ボーイング727で着陸出来ただろう。
私は高度10000フィートと想定した。
C130?ジェット機のフォーメーション?ヘリコプター?どれでもない。
完全な無音だ。
数分間の観測の後、我々はこれは一つの物体だという結論になった。
我々は、巨大な物体が浮いて静かに30MPHのスピードで動いているのを見た。
この物体は見られてほしいと思っている。
このUFOの乗組員はこのパレードが計画されていた?
これには我々の税金が使われていた?
そして、なぜここで行われた?
そしてなぜその後否定された?

posted by dark at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

航空業界の黒い秘密

航空業界がひた隠しに隠している秘密とは?
航空業界優先事項は、飛行機を安全に飛ばすこと。これにつきます。
しかし、乗客や乗務員の健康が二の次だとしたら。
キャビン内の空気はコンプレッサーによって圧縮され循環している。
そして、何百もの化学物質をそれに添加している。
その中にはサリンの匹敵する猛毒物資も存在するという。
飛行機に乗るとジェットラグなる症状が出るのは時差の影響よりもこのためだとか。
更に、ジェットエンジンに使われている潤滑油が通常の油ではなく毒性の強い化学物質というのも問題という。

飛行機に乗るときはマスクは必須。それも、強力なものが必要ということを覚えておこう。
続きを読む
posted by dark at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

第3次世界大戦

ヒラリーが大統領選に敗れた敗因として取り上げられる偽ニュースサイトの問題はいつの間にかロシアが投票装置に不正アクセスしたせいだと言うことに置き換わりロシア人がアメリカか出国させられる自体となっています

ヒラリーに代表される戦争志向の勢力はウクライナ政権転覆時から執拗にロシアとの戦争を画策し続けているようですがプーチンはこれをかわし続けているようです。
大統領がヒラリーとなっていたら第3次世界大戦は不可避だったあもしれません。
好戦派の勢いは次第に弱まっているようにかんじます。
この流れを続けるにはインターネットによる情報拡散が必要不可欠と思います。
posted by dark at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする