2015年07月05日

イラク、アヌンナキ、真珠湾

イラクはイランとの戦争、第一次湾岸戦争、第二次湾岸戦争そして現在に至るまで紛争が続いている。
これは、原因はその豊富な石油資源にあると言われているが本当の理由はそうではない。
イラクはメソポタミア文明の発祥の地であり、貴重な石板が沢山残っている。
これらが発掘されれば本当の歴史がわかってしまう。
ゼカリアシッチンによれば、ピラミッドは宇宙からの標識塔としてアヌンナキによって建てられた。
ピラミッドの面は鏡のように磨かれ宇宙からは良く見えた。またレーダー反射板としての役割もあった。
着陸施設はおそらくシナイ半島にあった。
飛行コントロールセンターはモリヤ山にあり、これは指示する山という意味だ。
ここはソロモン王が寺院を建てた場所で、後の十字軍の略奪により黄金と契約の棺を奪い去った。
契約の棺は、アヌンナキの通信装置と言われている。
イラク南部には、人類誕生の秘密が隠されており、イルミナティバンカーによる秘密社会により秘密裏に保護されている。
また、2003年のイラク戦争のとき、組織的な盗賊により貴重な遺物は持ち去られている。

posted by dark at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

火星の奴隷労働キャンプ?

秘密のスペースプログラムを暴露しているコーレイ氏によると、
5つの宇宙人による連合団体「スフェアアライアンス」にコンタクトし、火星の施設を見て回ったそうです。
そこでショックを受けたのはそこで働く人たちが奴隷のような扱いを受けていたことだそうです。
更に衝撃だったのは、ナチスの残党が第二次大戦中からドラコという宇宙人と連合し、南米や南極に逃げ込み、1952年のワシントンを襲ったUFOはナチスのものだったことや、その後トゥルーマンやアイゼンハワーと密約を結び、米国の中枢にもぐりこんだとのことです。
ナチスはアメリカの宇宙計画を牛耳り火星や月に秘密基地を建造し、奴隷労働により運営しているとのことです。

posted by dark at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

1665年多数がUFOバトルを見た!

1665年4月8日午後2時ごろ、バーホフトという当時スエーデン、現在ドイツの港にいかりを下ろした漁民は空の上の船が戦っているのを見たと報告した。
戦闘の後には黒い物質が丸い円盤のように夜まで漂っていたという。
次の日その漁民は、全身がしびれ、頭や手足が痛かったという。
これについての現在までの調査では、蜃気楼という説と鳥の群れという説があるがどれも決め手に欠けるという。



posted by dark at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

なぜ火星は秘密にされるのか?

NASAは、火星について膨大な写真の過去の文明の証拠をつかんでいる。
他の証拠として、過去に起きたであろう核戦争についての証拠もある。
おじいさんが私に語ったのは、彼は地球出身ではなく他の惑星だと言った。
それは、素晴らしいパラダイスだった。
それは、現在小惑星帯となっている。

posted by dark at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

安部首相の国会での答弁

このところの安部首相の国会での答弁を見ていると、あることが頭をよぎります。
それは何かと言うと、20年以上も前のこと、テレビではよくUFO肯定論者と否定論者を戦わせる番組がありました。
UFO肯定論者が真剣に話しているときでも、否定論者は、鼻で笑いながらいかにもかわいそうな人たちだとでも言いたげに、「そんなことウソにきまってるでしょ!」と「科学の教科書にはそんなこと書いてないよ!」と横柄にのたまうのがお決まりでした。
UFO肯定論者は少数派なのでいじめにじっと耐える哀れな思いをしたものです。

しかし、今思えば、大多数の人たちは学校で洗脳され、社会で洗脳され、テレビで洗脳されているのでその呪縛を解くことは容易ではないのです。

話がそれました。
安部首相の国会での答弁は、この否定論者と同じ感じなのです。
かんぜんに洗脳された、全く応用の利かない凝り固まった頭脳なのです。
あるいは、意図的にそれを演じているのかもしれませんが。
オリンピック招致での唖然とするような「福島第一の放射能は完全に港湾でブロックされています」という発言も少しでも考える力があれば言えない内容です。
安部首相の頭は完全に洗脳完了されているのかもしれません。
posted by dark at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

生命大躍進

今NHKでやっているシリーズ「生命大躍進」 ですが、地球生命は5億年をかけて少しずつ発展してきたわけですね。
それ自体は実にすばらしい、誠に奇跡としか言いようのない出来事なわけです。

しかしながら、ここ50年ほどの間に、「生命大退化」とでも言えることが起こっているわけで、それを考えると複雑です。
それは何かと聞かれれば、核開発と原発の問題があるわけで。
特に311以後は、太平洋全体の生物が絶滅か?というようなことが起こっているわけで。
核の問題は、国策なので一般人がどうのこうの言っても国は聞く耳を持たないわけで。
既に地球生物は絶滅の道を歩み始めたという人もいるわけで。


posted by dark at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

人間が哺乳類ではない4つの理由

人間は一応哺乳類に分類されてはいるが、人間の行動はあまりにも他の哺乳類とは異なっている。
哺乳類には様々な種類がいるが、基本的に下記の条件を本能的に守っている。
ー自然の生態系の均衡を保っている
ー恒常的なバランスを保つために栄養を摂っている
ー自然の資源が提供できる限界を守って生殖する

人間は上記の条件を全く無視して生活している。
人間;
1)自然の均衡を破壊する
2)エネルギーと資源を浪費する
3)自然の資源や環境がもたないところまで増殖し続ける
4)別の手つかずの環境にも同様に環境破壊を繰り返す、別の人にも同様にするようにそそのかす
この人間の環境破壊の能力は、実質上本物の生物ではないと思わざるをえない。
人間と似たような行動をとる生物がいる。
それはウイルスだ。
ウイルスは他の生物に取り付き生きながらえる。
しかし、彼らはいきているわけではない。
成長しないし、生殖能力もない・
人間に必要なことは、人類はウイルスと同じだということを認識することだ。


posted by dark at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

はしか流行?の真実

カリフォルニアではしかが流行しているとの報道がアメリカでなされているようだ。
原因は子供のワクチン接種を拒否する親が増えたせいだと言いたいようだ。
はしかワクチンの導入ははしか根絶の原因か?
答えはノー、ワクチン導入前にすでにほど根絶していた。
原因は、清潔化、栄養、労働法、電化、塩素化、冷蔵、殺菌、その他数多くの近代化によりはしかの致死率はほぼ0となった。
医療とは関係ない。ましてワクチンとは。
伝染病による致死率のうち医療関係で下がったの3パーセントのみという。
最近のはしかの流行を親が子供のワクチン接種を拒否しているせいだとメディアが騒ぎ、ワクチン接種を強制しようとしているらしい。
実際は、ワクチンによる抗体は一生続くわけではなく、何回か打たなければならない。
ワクチン接種により、はしかは2000年には無くなるはずだったがそうはならず、逆に人体の免疫機能が衰え今後増えるかもしれない。
人体の免疫機能については、まだまだ分からないことが多く、ワクチン以外の要因については何も語られない。
要は、ワクチンは医療機関や製薬会社にとってドル箱だということにつきる。



posted by dark at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

UFOがコロンビアを破壊?



スペースシャトルコロンビアは2003年に地球に帰還するために大気圏へ突入してから耐火タイルの損傷により爆発炎上したとニュースでは伝えられています。
しかし、このYOUTUBEでは、大気圏突入以前に破壊されていたことが分かります。
そして、破壊される直前に2機のUFOをカメラがとらえているのがわかります。
そして、コロンビアのカメラは突然停止しその後コロンビアの残骸が宇宙空間を漂っている映像が映し出されます。
これは近くにいる宇宙ステーションからのものでしょうか?
その後、コロンビアの残骸は大気圏に突入しここからが一般のニュース映像となります。
posted by dark at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

モンサントによるウクライナ動乱?

ウクライナは、ヨーロッパの穀倉地と呼ばれる豊かな土地で作物がよく育つ土地です。
そこにモンサントは狙いをつけGMO(遺伝子組換え作物)+ラウンドアップ(除草剤)を導入しようとしてウクライナに革命を起こし、パペット政府を樹立したという話に信ぴょう性がますます増しているとのことです。
ヨーロッパの人々は、ウクライナのこの動きがヨーロッパの農業を根本的に変えてしまうことをまだ気づいていないとのことです。

邪悪なモンサントとアメリカ政府の企みはGMO輸出による儲けはもちろんのこと、それによる人体への悪影響により大量の病人を出し、薬業界が儲かり、病院が儲かるという2重3重の儲かる仕組みがあるようです。
しかし、それは人々の苦しみの上に成り立っています。
更に言えば、人口削減プログラムにも寄与しています。


posted by dark at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

CTスキャンは通常のレントゲンよりも1000倍以上の放射線量!

CTスキャンがそれほど放射線量が大きいとは思いもよりませんでした。
もっとも私は受けたことはありませんが。
もし、医者に進められれば躊躇なく受けたことでしょう。
STスキャンマシーンは高価なので、元を取るには大勢の人に受けてもらわねばならないのでしょう。
その必要もないのに受けさせられることも多いそうです。
結果として発がん率が上がり、病院は更に儲かるということでしょう。


posted by dark at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

UFOドキュメンタリー


これは面白い番組です。
かつての矢追UFO特番を見るような感覚です。
但し、ある程度の英語のヒアリング力が必要ですが。
こんな面白いものを見れるなら英語の勉強も楽しいかもしれません。

日本では矢追UFO特番以来ショッキングな情報に乏しいですが、世界では益々ショッキングな情報にあふれています。
posted by dark at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

「なんで戦争するの?」

rense.comの表紙の挿絵

子供:なんで戦争するの?
母親:精神異常のえりート(政治家)に支配されているせいよ。そのエリートは国家やメディアをコントロールすることが出来る銀行を持っているの。その人たちは、戦争をする国のどちらにも出資するの。だってそのほうが儲かるもの。そして、戦争する同意をメディアのプロパガンダを利用して作り上げるのよ。

子供:エリートって頭良いね。
posted by dark at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

@ [ 「私は火星で歩く人を見た」

元NASA職員のジャッキーと名乗る女性が、アメリカのラジオ番組「コーストトゥコースト」で1979年にのバイキング探査機のときに、火星上を歩く人間を見たというショッキングな話をしました、
その人間はスペーススーツを着ていたのですが、従来のものよりスマートな感じのスリムなものだったそうです。
この話の信ぴょう性にはかなり疑問が残るようですが、一つの説として、月着陸時に行ったであろう「偽映像」を作っていたものを見た、または、火星着陸の「偽映像」を見たという可能性もあるようです。
あるいは、「第3の選択」というフィルムに出てくるように、すでに人類は火星に到達しているのかもしれません。

posted by dark at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

古代火星人は原爆によって絶滅?

「火星には何百もの破壊されたビルの残骸がある。火星には一体何が起こったのか?核戦争?巨大
隕石落下?」
ブランデンバーグ教授は、火星上空で2つの核爆発が起き、その場所も特定している。
それによって、シドニアとユートピアという場所に発達した文明が滅んだとしている。
これは、人工的な核爆発であり、何者かが放った核弾頭だとのこと。
ブランデンバーグ教授の次に発売される本  Death on Mars: The Discovery of a Planetary Nuclear Massacre
に詳細が載っているそうです。


posted by dark at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする