2013年01月05日

コネチカットの銃乱射はMKウルトラ?

コネチカットで起きた銃乱射事件は、ニュースが伝えているような、孤独な少年による精神異常による犯行というものではなく、
裏には、深い病んだ社会と、CIAによるMKウルトラという作戦がからんでいるようです。
コネチカットは、昔は信心深いキリスト教の社会だったようですが、マフィアなどの犯罪者の社会へと変貌を遂げたようです。
いまでは、小児愛者への児童供給地として、アジア、アフリカなどから密輸されるとのことです。
主な顧客は、政治家や大金持ちの精神が屈折した人々のようです。
MKウルトラによる、暗殺指令として「ライ麦畑でつかまえて」を読ませるという手法があるそうです。
ちなみに、ジョンレノン暗殺者が持っていた本もこれです。
犯人の母親がどうやらMKウルトラによるマインドコントロールを受けていたようです。

それから、この事件は、アメリカ社会の銃所持者から銃を奪うということへのステップとして使われているようです。
アメリカを羊の群れ社会に変えるのにひつようのようです。


http://rense.com/general95/mopup.html
posted by dark at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | MKウルトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする