2012年05月04日

低線量被ばくは考えているよりも悪い

低線量被ばくは、日本のマスコミや御用学者によれば安全ということしか言わないが、
アメリカの科学者によれば、放射線量と被ばくの関係は、一般には比例していると言われているが、
比例ではなく、低線量被ばくは、それより更に悪いということです。
被ばくした細胞は、近隣の細胞にその情報を伝え、がん細胞になるということです。

http://enenews.com/nytimes-radiation-small-doses-could-actually-be-disproportionately-worse-report-doses-spread-time-be-dangerous-doses-given-all-renewed-importance-after-fukushima
posted by dark at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

2015年3月31日ー日本の終わり

武田先生のブログからのものです。
三重の方が、毎日朝夕に自宅前で放射線量を測定した結果から、2015年3月31に、年間照射線量が5ミリシーベルトを超えるということです。
三重は、日本のほぼ中央なので、ほぼ日本に人が住めなくなるということです。
福島からの放射能が、日本くまなく行きわたっているということでしょうか?


http://deathby1000papercuts.com/2012/04/japan-professor-grim-radiation-prediction-the-end-of-japan-march-31-2015/
posted by dark at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

日本の秘密の核開発計画part3

福島原発事故は、日本の最初のプルトニウム事故ではなかった。
1995年3月20日、チリ沖で危うくプルトニウム汚染を引き起こすところだった。
何百もの核兵器を製造可能なプルトニウムを積んだパシフィックピンテイル号が嵐のため、チリ政府に救助を求めたときだ。
その時の嵐は、いまだかつてないほどの強烈なものだった。
しかし、ピンテイル号は、チリの海軍に侵入を阻止されていた。
なぜなら、28個の猛毒のプルトニウムをフランスから日本へ運ぶ途中だったからだ。
「引き返せ、さもなければ、沈めるか、乗り込むぞ」
海軍船長は攻撃命令を待ったが、結局それは来なかった。
チリの漁業は、チリの生命線だ。
posted by dark at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

日本の秘密の核開発計画part2

F-GO;最初の日本の核開発計画
1940年代初頭、ドイツ、イギリス、アメリカ、日本は、核分裂の力を取り出そうと躍起になっていた。
日本の理論物理学は、欧米に引けをとらず、原料さえあれば核開発は可能だった。
戦前、仁科芳雄は、核物理学で、ノーベル賞の候補者となり、その後、欧米を核爆弾で攻撃するためのF-GOという計画を進める。
日本は、ドイツに助けを求めたが、ドイツの敗戦は確定的で、ヒトラーは最後のあがきで、Uボートで1200ポンドのウラニウムを積んで日本に向かわせた。
そのUボートは、アメリカに捕まり、乗っていた2人の日本人将校は自殺した。
ウラニウムはマンハッタン計画に運ばれた。
日本への空爆が激しくなり、仁科のチームは移転を余儀なくされ、現在の北朝鮮の小さな村へ移転した。
終戦の3日前に小さな核実験は成功した。
中国の核実験成功を受けて佐藤栄作首相はアメリカに行き、アメリカが核で守ってくれないなら、日本は核兵器開発を始めますといって、アメリカは日本を核の傘に入れることを決めた。
この決定が後に非核3原則という日本の核に対する原則を作るのを可能とし、これによって佐藤栄作はノーベル平和賞を受賞する。
しかし、この非核3原則は実際には守られたことがなく、また、秘密の核開発も進められていた。
何千もの核兵器が、日本の港や米軍基地の港を行き来していた。
日本の官僚は、非常に賢く、紙の記録に一切残すことなくこれを処理していた。(311後の会議も記録なし)
posted by dark at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

日本の秘密の核開発計画part1

アメリカは、80年代から日本に対し、70トンの兵器グレードプルトニウムの備蓄を許可している。
これは、アメリカの法律に反しているが、60年代からアメリカは、日本に秘密の核計画があることを知っていた。
レーガンとブッシュ政権は、日本に核物質の輸出を認めた。
使用済み燃料からプルトニウムを取り出し、再利用する高速増殖炉計画は、アメリカはあきらめ、日本に全て丸投げした。
日本は、核兵器製造はあきらめ、アメリカの核の傘に入る道を選んだ。
しかし、核兵器製造のための核物質の備蓄量は、中国、インド、パキスタンを合わせたよりも多い。
平和裏に行われている宇宙開発計画により、核ミサイルも実現可能としている。
日本は、主要な電気、車産業の会社を通して核開発を実現しようとしており、そのための援助をしている。
リンドンジョンソンと佐藤栄作の秘密会談で、核物質の日本への輸出を可能とし、アジアの西側連合の砦とした。


http://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html
posted by dark at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

ロシアが日本政府4000万人避難計画を暴露

近々、ロシアと日本政府の間で、北方領土問題について話し合われるとのこと。
ロシアは、日本政府が4000万人の避難計画があるため、北方領土はその受け入れ先としてどうしても必要だと言われているらしい。
また、中国から中国国内に作ったゴーストタウンに避難してもよいという打診を受けたようだ。
意味は不明だが、中国は、何千万人も収容できる無人の街を作ったようだ。

日本政府は、4号機が倒れることを真剣に危惧しているようだ。
4号機が倒れると、福島第一を管理する人もいなくなるわけで、その他の号機(1〜6号機)も見捨てられるわけだ。
また、4号機から50メートル離れた所には、共通使用済み燃料プールがあり、そこには、6375本の燃料ロッドがあるという。
そこが全部見捨てられると、冗談抜きで、全世界的に生物の絶滅という危機まで考慮しているらしい。
これらの危機は、全世界的に情報操作がなされている模様だ。
福島原発の危機の被害を次に強く受けるアメリカもまた、日本同様情報操作に入っているらしい。
カリフォルニアの海藻から福島からの放射能が検出されたそうだ。

http://www.readersupportednews.org/news-section2/344-208/11006-russia-stunned-after-japanese-plan-to-evacuate-40-million-revealed
posted by dark at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

福島市ほうれんそうから新基準値超す放射線

福島市ほうれんそうから新基準値を超す放射線量が検出されたとのこと。
原因は、去年使っていた保温材を使いまわしたためとのこと。
このニュース見たんですが、農家の方は、土を入れ替えるなど、神経をすり減らして生産していた様子。
そんな人が、去年の保温材を使うというへまをするものでしょうか?

それよりも、私は、空から降り注ぐ放射能を疑います。
去年の12月頃より、急激に上がっているんですよね。

それと、4号機の使用済み燃料冷却プールで水漏れがあって、ポンプが緊急停止したというニュース。
これが今後大ごとにならないことを祈る。
posted by dark at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

ロズウェルと福島原発事故

今読んでいる「The Day After Roswel」という本は、ロズウェルに落ちたUFOがその後どのように研究され、我々の生活に影響を及ぼしたかというような内容ですが、著者は、元海軍の中将フィリップコーソーという人で、UFOの構造や、操縦していた宇宙人について詳細していて、とても読み応えがある本です。
宇宙人は、おそらく宇宙旅行に最適化されたアンドロイドのようなもので、人間との類似点が多すぎて科学者が当惑したとか、食物の消化機能や、排出機能がないということや、それにより、UFOにはトイレもないし、驚くべきことに、操縦装置が一切なく、さらに、推進エンジンなどもないということです。

このUFOは、おそらく偵察機で、友好的ではなく、地球を乗っ取る意図があることの可能性が非常に高いというのが、軍部の考えです。
そこで、ソ連との冷戦を利用し、この宇宙人の脅威に備えるため、なんとかUFOに対抗できるものを開発しようとやっきになっていたようです。
過剰な核兵器開発競争も実は裏には宇宙人対策があり、いくら宇宙人が地球を支配しようと、使用可能な核兵器がどこかに残されるように考えていたというのです。

そこで、今回の福島原発事故。
妄想をたくましくすれば、地球環境は、放射能によって生物には過酷な環境となりました。
それ以外にも有害化学物質汚染、有害遺伝子組み換え作物、メキシコ湾の原油流出事故による意図的な化学物質汚染。
携帯電話普及による電磁波汚染。鳥インフルエンザの悪性化、などなど。
地球環境は生物にとって過酷なものへと日々変化しています。
これはもしかしたら、テクノロジーでは全く歯が立たない宇宙人に対しての防御対策ではないのか?
UFO目撃は年々エスカレートしているので、宇宙人による地球侵略が近いのかもしれません。
posted by dark at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

大飯原発再稼働会議

う〜む、これぞ、ばか殿による民衆を鼻でせせら笑うがごとくの茶番劇。
なぜ電力会社はこうも傲慢になってしまったか。
いや、これは電力会社を規制する政府側の機関か。
総理大臣、与党、野党含めての茶番劇か。

http://enenews.com/japans-top-nuclear-official-freezes-when-asked-question-remains-motionless-minute-video
posted by dark at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

5月22日に地震?

5月22日(火)、あるいは、5月14日(月)
この日に地震が起こるといううわさが広がっています。
養護学校の子供が311を言い当てていて、その後、上記の日にちを口ずさんでいるそうです。

4号機は大丈夫か?くわばらくわばら。
posted by dark at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

オーストラリアが放射能汚染土引き受け?

オーストラリアが、行き場を失った放射能汚染土やがれきを引き受ける提案をしているようです。
西オーストラリア、南オーストラリアの広大な砂漠は、安全に保管するには最適な場所とのことです。
ただし、条件として、オーストラリアで産出するウラニウムを将来にわたって購入することと、港や鉄道の整備のための出資をすることだそうです。

ただし、引き受けるのは、マイルドな放射能の廃棄物だそうです。

日本はこの提案を受けるのでしょうか?

http://ex-skf.blogspot.jp/2012/03/australia-is-ideal-for-contaminated.html
posted by dark at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

溶けた核燃料は15時間以内にコンクリート貫通

福島第一原発の溶けた核燃料は、停電後15時間以内に、格納容器下部の7メートルのコンクリートを貫通していたとの分析を、米国トップの核専門家が発表したようです。
地下にもぐった核燃料は今頃どこにあるのでしょうか?

http://enenews.com/analysis-melted-fuel-completely-penetrated-concrete-15-hours-ge-mark-shows-little-decline-speed-chart
posted by dark at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

スリランカの海も放射能汚染?

スリランカに輸入された魚の放射能汚染を調べる調査が開始されたそうです、
わずかに放射性物質が発見されたそうです、
その中には、中国の海からのものもあったそうです。
スリランカでは、スリランカの海が汚染されているのではないかと調査に入ったようです。
スリランカでは、去年の鹿児島の原発から出た廃液による汚染を疑っているようです。

http://www.dailynews.lk/2012/03/01/news21.asp
posted by dark at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

4号機使用済み燃料プールひび割れたら終り

この映像は、テレ朝のモーニングバード。
4号機5階部分にある使用済み燃料プールには1500本以上の使用済み燃料がある。
もし、地震が来て建物が倒壊すると危ないので、もっと安全なプールへ移し変えが計画されているという。
その移し変えが始まるのが、来年の12月とのこと。
今までも、余震でかなり揺らされているので、今後小さな揺れでも、どうなるかわからない。
たとえ、ひびが入って水が抜けてしまったら、東京を含めてアウトだという。
と、京都大学小出教授が言っています。

http://enenews.com/important-video-year-asahi-tv-unbelievable-unit-4-pool-crack-leaks-during-quake-be-tokyo-japan-expert-doesnt-be-large-quake-already-shaken-many-times-serious-problem
posted by dark at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

記事が投稿できなかった原因は?

3月に入ってから、何度か記事投稿しようと、書いてはいたんですが、記事保存をクリックすると、記事内容がありませんというエラーが出て、記事は投稿されず、内容も消えてしまうというダブルパンチにみまわれました。
その後、毎日のように記事投稿を試みましたが失敗。
原因不明でお手上げ状態でしたが、昨日、試しに別のパソコンでやってみたらなんなく成功。
原因はパソコン自体にあったようです。
それが一体何なのかは不明です。
ウイルス?
福島第一原発は、危機は去るどころか、新たな危険が日々判明するというのに、政府や東電の原発推進派は、コールドシャットダウン達成宣言、原発再稼動に向けて着々と外堀を埋めつつあります。
posted by dark at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする