2012年02月08日

サンオノフレ原発が危ない!

アメリカのサンオノフレ原発が配管が破れ、蒸気が漏れて緊急停止したようです。
配管は非常に老朽化しており、また10000本近いチューブを点検するのは至難の技のようです。
サンオノフレは、ロスアンゼルスとサンディエゴの中間地点にある海岸沿いのところです。
最悪、原子炉の冷却が出来なくなり、メルトダウン、チャイナシンドローム、メルトスルー、壊滅的な放射能放出に至る可能性があるようです。

この番組で、原子力の専門家は興味深い、驚くべきことを言っています。
蒸気発電機から出る蒸気には、トリチウムという水素の一種が含まれており、これを排出する際に取り除く方法はないということです。
このトリチウムなる物質は、ガンを引き起こし、遺伝子を傷つけ、奇形児を生むという、放射能と同じ働きをするそうです。
マイルドな放射線とか言ってました。
これが、世界中の原子力発電所からダダ漏れ状態らしいのです。
番組の最後の締めくくりは、世界で最も危険で高くつくもの、原発、最も税金による補助金が付くもの。


http://enenews.com/nuclear-expert-pipe-ruptures-at-calif-nuke-plant-could-have-lead-to-meltdown-china-syndrome-catastrophic-radioactivity-release-video
posted by dark at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンフォードで89シーベルト/h!?

アメリカのハンフォードという原発、原爆廃棄処理場では、89シーベルト/hだという!
ミリシーベルトで言うと89,000ミリシーベルト、マイクロシーベルトで言うと89,000,000マイクロシーベルトということ。
ハンフォードというとコロンビア川から1000フィートのところにあり、イチローが活躍するマリナーズがあるシアトルの上流域にあるようだ。
アメリカは国土が広いため、このようなことが出来るのでしょうが、日本だったら大変なことになってます。
数分の被爆で死に至るようです。
地上から54フィートのところに地下水脈があり、まだ汚染された形跡はないそうです。
が、時間の問題か?
アメリカもかなり危険なところのようです。

原子力発電所のあるところは多かれ少なかれ危険ですが。

http://enenews.com/89-sieverts-hour-measured-soil-steps-away-columbia-river-washington-nuclear-site-worst-contamination-feet-groundwater
posted by dark at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

ニュージーランドで1.89マイクロシーベルト!

なんと、ニュージーランドで1.89マイクロシーベルトを計測したそうです。
これは、福島第一原発からのもので、ラニーニャによって北半球の風を南半球に運んでいるということです。
現在地球上でもっとも安全な場所と思われていたニュージーランドでこれでは、もはや、地球上で安全な場所など存在しないということでしょうか?
おそるべし、福島第一原発!後の歴史書には悪魔の原子炉、悪魔の東電、悪魔の日本政府と書かれているのでは?

http://sccc.org.au/archives/2517
posted by dark at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

4号機には燃料が入っていた?

4号機には実は燃料が入っていた?!
そんな馬鹿な!
東電はそこまでアホか?
国民はそこまでコケにされたか?
世界はもう日本を信じなくなるぞ。いや、見放される。
メルトスルーした燃料は、メルトアウトし、太平洋に流れ出ることは時間の問題とか。
そうなると太平洋は失われ、日本の太平洋岸とアメリカの太平洋岸は人が住めなくなるんだとか。

http://fukushima-diary.com/2012/01/nuclear-fuel-reactor-4/
posted by dark at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

イランとの戦争は起こるか?

イラン近海に、アメリカの空母が2隻いて、イランの核開発を厳しく叱責して、イラン原油の輸入を禁止して、アメリカは今にもイランと戦争状態に入りそうな勢いですが、本当の目的は、イランの原油取引を金で行わせないため。
原油取引は、絶対ドルじゃなきゃダメ!とアメリカ(イスラエル)が注文をつけていて、それを尻目にドル取引をやめようとする第3国(イラン、中国、インド、ロシアなど)の争いと見ることができそうです。
そもそも、リビアが違法に空爆されたのも、リビアがドルをやめて、新たな取引方法を開発しようとしたことらしい。
そもそも、イスラム教は、金利を禁止しており、それがアメリカには脅威となっている。

http://batr.org/view/012912.html
posted by dark at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

東電被害米を売る方法

福島米は、風評被害(私はこれを東電被害と言いたい)のため米が売れないため値下げして売るという。
しかし、農協が売るコメは全体の20%程度で、他はどのように流通しているか分からないようだ。

おそらくは、高く売れるコメにブレンドされ売られていると思われる。
産地明記でも、福島米が入っているかも。
来年も500ベクレル以上のコメが出たところ以外は作付けが許されるようだ。
除染してからとのことだが、もし、除染するなら、去年の田植え前のまだ耕されていないうちにやらないと意味がない。
今更、どうやって除染するのか?
田んぼに流れ込む水が汚染されているのはどうするのか?
これを今後は、東電被害と呼びましょう。

http://ex-skf.blogspot.com/2012/01/two-ways-to-sell-contaminated-fukushima.html
posted by dark at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

チェルノブイリ7年後

1993年に日本テレビで放送された番組ですね。
チェルノブイリ事故から7年後とのことですから、福島事故から7年後とすると2018年になります。
1993年には、人ごととして放送できたものが、2018年には、日本の出来事として放送するんでしょうか?
しかもIAEAの責任者は日本人の重松なる人物で、無責任きわまりないんですね。
今の日本政府のよりどころもIAEAですよね?

このYOUTUBEは、rense.comのex-skfさんのブログから知ったんですが、ex-skfさんのブログに直に行けなかった(妨害されている?)ので、youtubeのサイトを貼り付けました。

http://www.youtube.com/watch?v=9rf2gpNQBoQ&feature=player_embedded#!
posted by dark at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

カキの成長スピードが2倍に

気仙沼のカキの成長スピードが2倍の早さで育っているそうだ。
理由としては、ライバルとなる他のカキが死んでしまったからや、栄養となるチッソが津波によって内陸部から入ってきたからというものらしい。
被災した地としては喜ばしく、被災地を応援するには、積極的に消費しましょうということになるのでしょう。
しかし、報道では、放射能の汚染についての懸念がなく、それって心配ないの?と誰もが思うでしょう。
マスコミは、放射能については、見ざる聞かざる言わざるを決め込んでいるようです。

http://enenews.com/oysters-growing-at-double-the-normal-speed-in-north-japan-rafts-would-have-sunk-from-the-weight-of-the-oysters
posted by dark at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

消費税と原発問題

今盛んに報道されている消費税増税問題。
マニフェストに書いてないのにけしからん。
マニフェストを何も実行していないのにけしからん。
全くもっとも。

しかし、そのような誰にでもわかることは、どじょう首相には織り込み済みに違いない。
消費税問題は、どじょう首相にすれば、どろのようなもので、この中に潜り込めば安全ということが分かっている。
そもそも、消費税を10パーに上げても焼け石に水だし。
世間が騒げば騒げば騒ぐほど、作戦は成功する。

なぜなら、原発問題がぼやけて、見えなくなるから。
日本政府にとっての一番の恐怖は、国民が一団となって反原発に動くことに違いない。
その矛先を変えるためには、消費税でも議員数削減でもなんでもよい。

そのすきに、福島原発は曖昧なままに解決したように見せ、次々に再稼働させる魂胆だ。
posted by dark at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

奇怪な音についての考察

世界中から寄せられる奇怪な音についてのyoutubeビデオ。
島津洋一さんが考察を寄せています。
世界の超エリートが企んでいるというone world government実現のために、sheeple(sheepとpeapleを合わせた造語)を追い込むための策略が進行中。
偽のエイリアン侵攻計画で、人心を怯えさせ、容易に人々の権利を放棄させ、one world governmentに取り込んでいく。
仕上げは、ブラックサイエンスにより作り出されたUFOを飛ばして、現実味を上げる。
ストやデモを軍事的に制圧されたら、非常に反抗を買うが、エイリアンから守りますと言って軍事的に侵攻しても人々は歓迎するだろう(キッシンジャー)

http://www.rense.com/general95/opinonst.html
posted by dark at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

福島放射能ビームダウン、オーストラリア

この島津洋一さんの記事、またまた問題記事です。

初めは、HAARPがいかに福島の放射能粒子を南半球のオーストラリアへと運んでいるかという技術的な記述です。
自然には起こりえない急速な放射能粒子のオーストラリアへの飛来は、HAARP技術が関係している。
記事も終盤に差し掛かるころ、Aum on the Rangeという章が始まる。
オウム真理教の一派は、地震を引き起こす長周波の電磁波を研究していた。
1990年代初頭、オウムは西オーストラリアのカルグーリーという羊牧場に研究所を設置し、ペンタゴンと豪空軍が行なっていた秘密電磁波実験を観測していた。それは、近くのジンダリーという実験場で行われていた。
haarpは、攻撃的な電磁波兵器へと変貌していた。
地下鉄サリン事件が起こると、オーストラリア軍と警察はオウム一派との繋がりを払拭しようとやっきになった。
事件後、不思議な白安全服の一団がカルグーリー牧場へとやってきて、偽の羊へのサリン実験を始めた。
(サリンは東京の地下鉄では使われていない、自衛隊の調査によれば、マスタードガスが使われたという、マスコミはこれを秘密にしている)
オーストラリアとアメリカはhaarpによる、地震や火山の噴火などの実験を秘密にしている。
日本のインテリジェンスエージェンシーはこれに興味を持ち、オウム一派をカルグーリーへと派遣した。
村井秀夫は、95年4月に神戸大地震はhaarpテクノロジーによって引き起こされたと発言した。
神戸地震の6か月前から、上空の電離層で、異常な信号が記録されていたことがわかった。
島津さんが報告書を提出したその週に村井秀夫はテレビの眼前で暗殺された。
我々のチームは、暗殺の恐怖にも関わらず、関連する政府高官や、家族などを起訴すべく動いている。
それは、ソ連崩壊後のオウムによる兵器購入なども含まれる。
この話は非常に込み入っておりここでは話せない。
haarpの犯罪的な使用とこれを隠蔽するホワイトハウス、CIA、ペンタゴンへ警報を鳴らす。

http://www.rense.com/general95/haarp1.html
posted by dark at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェコの奇妙な音

チェコスロバキア、スウェーデン、ハンガリー、インドネシア、アメリカと奇妙な音が空から聞こえるというyoutubeがいっぱいです。
例えていえば、ゴジラの鳴き声のような音、シンセサイザーで合成したような音、悪魔の叫び声のような音とでもいえばいいでしょうか?
果たして、これはUFOからの音なんでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=ccRBVX5_hMc&feature=player_embedded#%21
posted by dark at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

ジャパニーズシンドローム!?

福島の住民は、最近の地震の揺れは普通ではないということを感じているという。
いきなり下からドカンと突き上げるような揺れだという。
何かが地下で爆発しているような揺れ。
そう、福島原発から落下した核燃料が地下にもぐり、地下水脈と出会い、水蒸気爆発を起こしている?
まさにこれぞ、チャイニーズシンドロームならぬジャパニーズシンドローム!

http://sherriequestioningall.blogspot.com.au/2012/01/fukushima-residents-recent-quakes-feel.html
posted by dark at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

4号機の使用済みプール沸騰!

やっぱりというべきか、新聞報道では、「一時的に水が減ったが問題ない」という記事だったが。
福島第一原発の作業者の妻がリークしたらしい。
今年一月一日の地震で、4号機使用済みプールへの配管が壊れ、水がなくなり、沸騰したという。
いや、恐ろしい。今後も何があるかわかりません。
最近やたら地震が多いのが気にかかります。

http://fukushima-diary.com/2012/01/reactor-4-spent-fuel-pool-boiling-without-water-after-112012/
posted by dark at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

福島第一からのセシウム急増?

武田先生のブログによりますと、去年年末から
セシウム降下量が急増しているそうです。
文科省のデータのようですが、福島のデータでは、特に異常はありません。
武田先生は現在調査中で、何かわかれば書くそうです。
先日書いた、4号機の冷却配管の水漏れによる冷却プールの水位が下がっていることによるものかもしれません。
なにしろ4号機は、建家がくずれて天井がないし、クレーンは落ちているし、配管系の損傷もひどいに違いありません。

http://takedanet.com/2012/01/post_43b1.html
posted by dark at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする