2012年01月04日

全世界の原発核爆発の危機!

今年は、太陽活動が未だかつてなく活発となり、巨大なソーラーフレアが起きることが予測されているという。
実際、去年の9月には、小規模なソーラーフレアで、チリ全体がほぼ停電となり、アメリカでは、使用済み核燃料の冷却不足が起こり、南フランスでは、核処理施設での爆発が起きました。
巨大ソーラーフレアが起こり、世界的な停電となれば、それに伴い、原発の核爆発というものが現実のものとなります。
その他、低軌道の人工衛星の墜落ということも起こってきます。
これは、黒死病や第二次世界大戦よりも深刻な影響をもたらすとのことです。
この重要で、深刻な問題は、なぜか一般に隠されているようです。
2012年は、本当に人類の終末ということになりそうです。

http://www.eutimes.net/2011/09/super-sun-blast-fears-put-russian-nuke-plants-in-lockdown/
posted by dark at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

東電からの非常事態メール?

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年早々悪いニュースで申し訳ありませんが、無視もできません。

東電からの非常事態を告げるメール(誰へのメールかはわかりません)と題されたこの記事は、福島第一、4号機の使用済み燃料プールの水位が下がっているらしいことがうかがえる。
プールから溢れた水を蓄えるスキマーサージタンクの水位が通常1.7センチ/h下がるところが、8センチ/hで下がっているようです。
冷却配管のどこかから水漏れが起きているもよう。
マグニチュード7の地震との関連性も指摘されています。
早く対処しないと使用済み燃料プールの水が無くなってしまう!
しかし、運悪く今はお正月休み。
野田首相は一体なにをやっている?


http://enenews.com/report-tepco-sends-emergency-mail-about-reactor-4-water-level-decreasing-5-times-normal-rate-tank-spent-fuel-pool-link-powerful-new-years-quake-unclear

posted by dark at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ヤクザと原発完読

「ヤクザと原発」が本屋に平積みされていたので1週間ほど前に買って読みました。
この方、ヤクザ取材が本業で、原発はその結果行き着いたところのようです。
原発で働くまでのドタバタ劇が面白おかしく描かれています。
原発内部の様子も詳しく書かれており、その実態がわかります。
福島第一原発のずさんさが手に取るようにわかるでしょう。

最終章で、福島第一原発で働くということの危険さが初めて分かり、著者が後悔する様子もわかります。
業者はそのへんを熟知しているにも関わらず、金のために告発できずにおり、自ら卑怯者と呼んでいるようです。
また、福島第二についても、水素爆発があった可能性が非常に高いそうです。
土台には水が溜まっているそうです。
これで、収束宣言を出す野田首相は、詐欺師かペテン師ですね。
posted by dark at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

赤信号!第3次世界大戦の危機!

第3次世界大戦の発端は、イランで、目標はロシアと中国だという。
おそらく、イランとイスラエルの戦闘で幕を開け、ロシアと中国が巻き込まれる。
リビアの違法な戦争が発火点となっている。
そして、核戦争へとエスカレートする。
戦争の発端はそれだけではない。
ヨーロッパの経済危機が導火線となり、アメリカへと飛び火し、世界中が経済危機に見舞われる。

戦争を回避するには、オバマ大統領を辞めさせる以外ない。
オバマが大統領である限り、戦争となる。それも、核戦争。

恐ろしい言葉がこの老人からポンポンと飛び出してきます。

北朝鮮の3代目の世襲と、野田首相というとんでもなく頼りない日本の総理大臣、非常に不安です。

http://www.youtube.com/watch?v=U1yIWOiDMZw&feature=player_embedded
posted by dark at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

福島原発3号機依然高放射線

福島原発1,2号機には、ガス探知機が取り付けられ、何か異常があれば、これで分かるということですが、3号機は、放射線量が高すぎるため取り付けられないということです。
このニュースを見て奇異に感じるのは、NHKのニュースでありながら、海外向けのバージョンで、国内では放送されないということです。
アナウンサーは英語をしゃべり、解説者は英語に翻訳され聞こえません。
この内容のニュースを日本で見た覚えもありません。
どうなってるんでしょ?NHK

http://enenews.com/nhk-radiation-high-reactor-3-gas-detector-place-building-be-decontaminated-install-device-video
posted by dark at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

福島原発事故によるアメリカの死亡者は14000人!

アメリカの医療ジャーナルの科学的な記事によれば、福島原発事故から14週間の間に、原発事故が原因と思われる死亡者は14000人に上ると発表されたそうです。
そのほとんどは、1歳以下の赤ん坊で、チェルノブイリ事故のときは、16500人が亡くなったということです。
そう考えると、一体日本では、何人の赤ん坊が亡くなっているのか気になります。

http://www.prnewswire.com/news-releases/medical-journal-article--14000-us-deaths-tied-to-fukushima-reactor-disaster-fallout-135859288.html
posted by dark at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

デビッドデューク博士が逮捕?

アメリカの自由を取り戻すべく、日夜、犯罪的なアメリカを操るユダヤ人の罪を白日のもとにさらそうと努力している人ですが、
11月に、何の理由もなく逮捕され、投獄されているそうです。

私にも何か出来ることは有るかなあ?ないだろうなあ。

http://www.youtube.com/watch?v=CcsCp319xq0
posted by dark at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デビッドアイク もう十分、NO MORE WAR

イスラエルのパレスチナ侵略に対して、イスラエルの若者が人権に反すると意義を唱えています。
イスラエルという国際的に違法国家がまかり通っているのは、アメリカや西欧諸国が強力にバックアップしているからですが、
この構図こそ世界の窮状を現す典型的な縮図です。
世界の政治、経済を操っているのは、ほんの一握りのユダヤ人、あるいは、その息のかかった人たちによるものです。
この構図を壊さないことには、戦争、殺人、犯罪はなくなりません。

http://www.youtube.com/watch?v=N8ERTDqKf5Y&feature=youtu.be
posted by dark at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

原発とヤクザー2

前回の原発とヤクザの続き。

福島原発に作業員として潜入した鈴木さんというジャーナリストは、本も出しているのでそちらも読みたいと思いますが、
会見の最後の言葉は考えられさせるものでした。

日本人として、母国のことを悪く言うのは良心がとがめますが、日本では情報操作により、原発情報がどんどん減ってきています。
外国の皆様は、是非福島原発に注意の目を注ぎ続けていただきたいと思います。
そのためには、どんなインタビューも受けるし、持っている情報、資料はすべて提供いたします。

私も今や、海外からの情報は日本の情報以上に重要です。
posted by dark at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

原発とヤクザ

このyoutubeは驚愕の一言。
1時間40分もあるので見るのが大変ですが。
福島第一原発で実際に働いてきたジャーナリストが、驚愕の内部告発。
それは、外国人向けの記者会見というかたち。
日本人向けには出来ないのでしょうおそらく。
私も、原発が終息しつつあるということには懐疑的ではありましたが、ここまでひどいとは思いませんでした。
むしろ、悪化していると言った方がいいでしょう。
内容をここで書くよりは、実際に聞いてもらった方がいいと思います。
そして、出来るだけ多くの人にこのことを伝えた方がいいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=rzLTS7mZkKY
posted by dark at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

除染活動の労働者死亡

昨日伊達市で除染活動中の労働者が、昼食をとった後、車中で亡くなったそうです。
内閣の発表によると、死亡と除染活動の間には何の関係もないとのことです。
しかしながら、この記事によれば、側溝の泥がどの程度の放射線量か明らかにされず、死因についても明らかにされず、政府発表には不安が募っているようです。
憶測ながら、急性放射性障害による死亡ではないかとのことです。

http://ex-skf.blogspot.com/2011/12/more-on-decon-worker-who-died-on-site.html
posted by dark at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4号機の壁がない!

JNNライブカメラによりますと、4号機の壁が完全に落ちてしまっていることが分かりました。
壁が無いということは、その分強度も弱いわけで、新たな地震による衝撃で崩れ去る危険が増しているわけです。
それより、壁が落ちるということは、その外枠もかなりのダメージが有るということで、益々崩れ去る危険が増しています。
4号機の最上階に鎮座している使用済み核燃料は非常に多く、4号機が崩れ去れば、東日本は、人が住めない状態になると言われているようです。
なぜ、4号機の補強工事は行われないのでしょうか?
手の施しようがないのでしょうか?

http://fukushima-diary.com/2011/12/reactor-4-is-falling-apart/
posted by dark at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

日本を救うのは世界の世論?

なんとも切ないYOUTUBEです。
国による原子力という国民の生命よりも優先されるという本末転倒の事態が起きており、
悪代官は悪事を働き、儲かるだけ儲け、平民はそれによって健康を損ね、死に至ろうとお上は見て見ぬふり?

例えが悪かったか?

日本のメディアや政府では、お先真っ暗なので、頼れるのは全世界からの厳しい批判だけか?

http://www.youtube.com/watch?v=ETrpIQq0c04&feature=player_embedded
posted by dark at 18:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

福島第一原発で働いている人の内部告発

汚染水処理施設は、間に合わせで造ったため、まともに動いたことがないんだとか。
たまたま、汚染水が漏れたので話題となっているが、あちこちでもれているんだとか。
コンクリートの土間がひび割れしているということなので、地下にもれていますね。
抜本的な対策が必要だとのことですが、東電社員は、いきあたりばったりで、問題が発生したときに対応するんだとか。
細野原発相に聞かせてあげたい。

http://fukushima-diary.com/2011/12/actual-fukushima-worker-talks-water-purifying-system-has-never-worked/
posted by dark at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

イスラエルとシリアが戦争?

イスラエルとシリアが今年12月中から来年1月中にかけて戦争に入りそうだとのことです。
原因がいまひとつはっきりしませんが、リビアがNATO軍によって転覆されたことに端を発しているようです。
次はシリアということでしょうか?
それに対してロシアが軍艦をシリア沖に集結させているようです。
シリアも大規模な軍事演習を繰り返しているようです。
また、米軍もまた、シリア沖に軍艦、空母を集結させているようです。
イスラエルのネタニヤフ政権が窮地で、戦争するしかないかのような記述もみうけられます。

まるで、第3次大戦前夜のような様相です。

http://www.debka.com/article/21543/
posted by dark at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする