2017年05月07日

北朝鮮危機の本当の意味!

北朝鮮危機はワシントンによる創作だ。
北朝鮮は64年間どこにも攻め込んでいないし、攻撃もしていない。
アメリカに守られた韓国や日本に対しては特に。
また、中国も北朝鮮に対してそれを許していなかった。
では何が北朝鮮を怒らせてきたのか?
それは、イランを怒らせてきたことと同じだ。
イラン危機は、ロシア周辺に核ミサイルを撃ち落とすためのABM基地を作るための口実だ。
ABM基地はロシアに向けた物ではなくヨーロッパをイランのICBMから守るためのものだというのが一般的な説明だ。
アメリカ及び同盟国はこれを信じるだろうが、ロシアはこれを信じない。
ロシアはこれは、仕返しの核ミサイルを撃ち落とすためのものだと見ている。
つまり、アメリカは核の先制攻撃を仕掛けてくるつもりだということ。
中国もまた北朝鮮危機はアメリカが韓国や日本にABM基地を作ることの口実だということを見抜いている。
ワシントンはロシアと中国の仕返しの核ミサイルを撃ち落とすバリアーを作り上げている。
韓国に配備しているTHAADは実際には北朝鮮の韓国への攻撃に対して何の意味も無いことを中国は知っている。
ワシントンはロシアと中国に対する核先制攻撃を準備し、同時に仕返しの攻撃を最小限にしようと準備している。
それによって同盟国がどうなろうが気にも留めない。
実際ヨーロッパや日本はTHAADによる恩得はほとんど無くひどい状態となるだろう。
疑問は、ロシアと中国は単にアメリカに先制攻撃をされるのを待っているか?ということ。
あなたならどうする?

アメリカは、ロシアや中国が理解する通り、地球上の全生物に対して重大な危機に貶めようとしている。


posted by dark at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

北朝鮮と満州立候補者

北朝鮮と満州立候補者、直訳するとこんな感じですか。
北朝鮮が核実験を成功させたこととも関係がありそうです。

韓国の大統領選と日本の衆院選に合わせるような時期で実施された北朝鮮のロケット発射には、
タカ派的な候補者を勝たせる要素を含んでいて、北にとっては、自虐的な意味合いが強かったわけで、
あえてそれを行うことには、何やら裏に繋がりがあるのでは?ということでした。
第二次大戦前の日本の満州国、朝鮮時代との繋がりがあるのやらないのやら。

安部首相の祖父は、満州国の強力な財務省指導者だったとか、韓国の大統領の父親は、旧日本帝国軍の官僚だったとか。

北朝鮮の脅威が、安部首相に、原発の再開や、憲法9条の書き換えを行う口実を作っているということです。
韓国には、原発事業拡大の口実となり、核の小型化事業で船や潜水艦に搭載することを画策しているようです。

なんと、韓国の統一教会と日本のオウム真理教は繋がっており、兵器を密輸していたということです。
しかも、これらは、政府からの資金援助を得ていたらしいです。
安部首相はかつて、神戸鉄工にいたことがあり、そこで、オウム真理教の村井秀夫と共になんらかの研究をしていたようです。
村井が、政府との繋がりを示す証拠を見せると約束した後に韓国の刺客にテレビの前で刺されて死亡しました。

http://rense.com/general95/nk.html

posted by dark at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする