2017年11月12日

大坂の不正選挙



この証言には重大な内容が含まれている。
1つは、ムサシ、あるいはその子会社の作ったプログラムにはバックドアが付けられており、遠隔操作が可能ということ。
2つは、たとえ、どのような集計結果であろうと、あらかじめ決められた結果に出来るということ、
3つは、票の集計結果に意義を申し立て裁判を行っても決して再開票は行われないということ。
票は保管されているものの誰も見ることが出来ない。

このビデオから分かることは、不正選挙は確立したシステムであり、誰も止めることが出来ないということだ。
少なくともムサシの独占を止めるまでは。
posted by dark at 07:04| Comment(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

ムサシの不正選挙

ムサシの大株主は安部の父親でそれは安部に引き継がれているらしい。
日本の選挙はムサシが独占状態で、1社が独占している状況は本来有ってはならないことのようです。
1私企業が独占しているので、不正をやろうと思えばいくらでも出来る状態のようです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14180952374
posted by dark at 18:59| Comment(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

今回の衆院選は不正選挙!?

今回の衆院選の結果、どう考えても納得できない。
まず、選挙前の内閣支持率は不支持が上回っていた。
安部が解散総選挙を発表したときには、けしからんとか不謹慎とか、森友、加計隠し選挙だという声が蔓延していた。
テレビを見ても、コメンテイターは口々に森友、加計隠しのため以外の何物でもないと言いきっていたものだ。
国民のほとんどは、今回の選挙は自民には入れまいと思ったに違いない。
なにしろ毎日延々と森友、加計問題をテレビで垂れ流していたのだから。
で、選挙戦が始まると、なぜかマスコミ各社急に自民圧勝予想というニュースを流し出した。
理由は小池さんが「排除」と言ったからだという???
そして、結果は、開票間もなく、自民圧勝の文字が躍る。
え、まだ開票途中なんですけど?
しかし、その予想通りの結果がちゃんと出る。
しかし、自民が2/3以上っておかしくない?
しかも、安部に批判的だった公明はちゃんと議席を減らしている
最も安部に批判的だった共産党は悲惨な結果だ。

投開票装置はムサシという会社が1手に引き受けているらしい。
株主には安部も名を連ねているらしい。
いくら野党が票を稼ごうが、結果が決まっていれば何も怖くない。
いくら、応援演説で罵声を浴びようが平気だ。
いくら国会で非難されようがへっちゃらだ。
なにしろ困ったら解散総選挙を打ち出せばそれで済む。
これで、安部の独裁政治は安泰だ。
憲法改正だって国民投票が操作できれば何の問題も無い。
今後益々、軍国化、原発化、そして、核保有も余裕で国会を通せそうだ。
国民がいくら否定しても選挙とマスコミさえ味方につけられれば安部独裁を止めることは出来ない。
正義がいくら頑張っても、悪はその上を行く方法を必ず見つけてくる。
一体この国の未来はどうなってしまうのだろう。

https://ameblo.jp/minakatario/entry-12260920530.html
posted by dark at 07:59| Comment(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

不正選挙の証拠

ヒラリーのための不正選挙の証拠はここにある。
Bev Harrisがどうやって彼らが不正選挙を行うかを詳しく説明する。
全ての投票マシーンの「フラクション」を起動させ、中央の管理棟で投票結果を操作して思い通りの結果にすることが出来る。
実際の投票数がどうであれ、関係なく結果は分かっている。
ヒラリーは選挙に勝とうが負けようが結果的に勝つ。
そしてそのすぐ後にコンピューターは初期化され、証拠は一切残らない。
これを覆すためには、このビデオを今すぐに広め、全ての人に認識してもらわなければならない。
そして、この計画を阻止してもらわなければならない。

「フラクション」とは、望まない投票数を少数点以下にし、望ましい投票数には何倍もの数をかけるという手法で思い通りの結果を導く方法。
たとえ地方の投票所が不正なく正しい方法で投票を行ったとしても、管理人が厳しく監視していたとしても、それとは関係なく中央の管理棟で思い通りに結果を導き出す。
しかも、その証拠は一切残らないという完全犯罪。
そのようなソフトが実在する。
そのソフト名はGEMS。
このシステムが使われる州は、アラスカ、コネチカット、ジョージア、ミシッシッピ、ニューハンピシャー、ユタ、バーモント、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、イリノイ、インディアナ、アイオワ、カンサス、ケンタッキー、マサチューセッツ、ミシガン、ミズーリ、オハイオ、ペンシルベニア、テネシー、テキサス、バージニア、ワシントン、ウイスコンシン、ワイオミング、そしてカナダも。


posted by dark at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

ABE48不正選挙2013

前回の衆院選で騒がれた不正選挙が、また今回の参院選でも騒がれるのでは?と思い検索したら
こんなものを発見。
管首相をひきずり下ろしたのもABE?
アメリカのための、ユダヤのための、朝鮮のための選挙?


http://www.youtube.com/watch?v=q-fiM5nwf6I
posted by dark at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする