2017年05月03日

キャピタリズムは略奪マシーン

経済活動は、利益を生むために外部や環境に負荷を与える。
住宅開発者は、海の見える家の前にもっと高い家を建てる。
2〜30人が泊まれる建物に2〜3台の駐車スペースしかつけない。
細い道に沢山の住宅を建て、道路が混雑し以前より通勤時間が何倍もかかるようになる。

製品を海外生産する場合、国内の工場は閉鎖され、社員は解雇される。
解雇され次の職も見つけられなければ、その人たちは家を失い、車を失う。
市や国は税収が減り、その地域は土地の価格が下がり、医療保障が立ち行かなくなる。

経済は、大勢の人の犠牲によりごく少数の人の利益を上げる仕組みである。

次に大気汚染、土壌汚染、水質汚染、海洋汚染を考えてみよう。経済活動の結果としての。
福島からの放射能汚染を考えてみよう。
ウランから安価に電力を取り出すという経済活動の結果として積み上がった放射能は、安全に保管するために何百万年も環境に漏れ出さないように管理しなければならない。
この費用は一体誰が持つというのか?
責任のある企業は何の責任も取らず罪を免れる。
全世界は無責任な経済活動の結果、死に絶える可能性すらある。
もし、経済活動が外部被害を弁償しなければならないとしたらどのくらいの企業が生き残れるだろうか?
もし、自然が回復不能の被害を被れば、生物は死に絶える。
我々は、恐ろしく知能が低い。我々はこれを「自由、民主主義」と呼ぶ。



posted by dark at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

リセッション2017?

全ての経済指標が新たなリセッションが始まっていることを示しているという。
一つは、一週間の労働時間が減っていること。
また、銀行の貸しているお金が減っていること。
これは、会社の倒産件数が増えていることによる。
また、同時に個人の破産件数もまた増えている。
また、去年は平均的な家庭の収入もまた減っている。
しかし、トランプ登場により急激に楽観的な見方が増えているのも事実。
しかし、リセッションが始まっているのなら、トランプ政権は出来るだけ早く来てほしいと願っているに違いない。
なぜなら、今リセッションが始まれば、オバマのせいに出来るから。
また、リセッションが始まるのが早ければ、次の景気回復もまた早くなる。
そうなれば、次のトランプの再選もしやすくなる。


posted by dark at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

これは経済じゃない、ばかげている

現在のギリシャ危機は経済の話ではない。
政治の話だ。
ギリシャだけではなくそれぞれの政府が国民にした約束事だ。
ギリシャ政府は、国民に出来ない約束をした。
もっとも費用のかかる年金システムの維持と巨大な公務員システムの維持だ。
ギリシャ危機はヨーロッパの国々にとって他人事ではない、
第二第三のギリシャが出てくるだろう。ヨーロッパの政治家は今後厳しい状況に追い込まれるだろう。


posted by dark at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

自由経済市場はウソ!

経済市場は、大銀行、中央銀行等により操作されている。
強い通貨と大量の紙幣印刷による主に銀行への紙幣供給との間には大きな矛盾がある。
これは金、銀の価格を上昇させる。
これは、通過の価値を下げ、ドルの価値を下げてしまうのでなんとか金の価格を抑えなければならない。
金、銀の価格を抑えるには先物市場で値段を下げれば良いことを連邦銀行は発見した。
たとえ現物の金価格が上昇しようが、先物市場で下げれば良い。
この違法な行為を取り仕切っているのは他でもないこれを規制する立場にある当局である。

日銀もまたこれに右ならえで黒田総裁の2回のバズーカと年金の運用を株に切り替えるという非国民的な手法で株価を吊り上げ日本経済を見た目だけ良くするという卑怯な手法で今さえよければ的なことを繰り返していますね。
そのすきに戦争が出来る法律を作り上げる魂胆なんでしょうか?


posted by dark at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

2015年予測、西側経済の崩壊

ポールクレイグロバーツ氏の驚愕の2015年の予測は、
西側経済の突然の崩壊ということ。
わざわざ手数料を払ってまでマイナス金利の債権を買うということが続くわけがない。
人為的に下げられた金の価格は西側の金庫から金流出し、からっぽになった時が金の価格が暴騰するときだ。
西側経済は、何の担保もないトランプカードを積み上げた家だ。
いつ何時崩壊するかわからない。


posted by dark at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

チェックメイト

石油の値段が下がり、ロシア経済が危機という話は連日マスコミが報じていることですが、
実は話は全然違うようです。
日本はアメリカの忠犬ポチなので、マスコミが報じないのもうなずけますが。
原油が下がったそもそもの原因は、ロシアが原油やガスを売った代金をとりあえずドルで受け取り、その後すぐさま現物の金に変えていることにあるようです。
西側諸国は、ロシアはドルを金に変えていることにけしからんとなって、それならと原油価格をさげて報復処置としているようです。
なぜ金にかえることがけしからんかといえば、アメリカ主導の西側諸国は、金の価格があがらないように人為的に値段を抑えており、そもそも、金の現物がアメリカをはじめ西側諸国の金庫に残りが少ないという現実があるようです。
なぜなら、ロシア、中国をはじめとする新興国は、金の現物を買いあさっているからということです。
なぜなら、本当の金の価値からすると金の値段は不当に低いので買いのチャンスということでしょうか。
また、ドルやアメリカの債権は、今後いつ暴落するかわからないので金にかえておきたいという欲求もあるでしょう。
なぜ、金の価格を人為的にさげているかといえば、ドルの暴落を防ぐためということでしょう。
また、同様に株式の価格も人為的な操作が行われているということです。
このような状態ではロシアや中国が
ドルを金に変えるというのはもっともなことです。
結果、西側諸国の金の現物は減り、残りわずかの状態ということです。

これに対抗するためのアメリカの対策は、ロシアで革命を起こして政府を転覆する。
ウクライナで革命を起こして戦争を引き起こす。
なんでもいいから戦争する。
核ミサイルのボタンを押す。

とにかく常軌を逸した行動に出るのは明白で、アメリカ側についていれば、非常に危険です。

ロシアのチェックメイトに対して現在とられている対策が原油安というもののようです。



posted by dark at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

エネルギー危機

実際には石油の需要は現状維持かあるいは減っている。
その間、石油やガスの油田は年々増えている。
需給関係から言うと石油はどんどん安くなるはずなんですが、実際は経済状況や、重要なことは、ドルの安全性によって石油価格が変わること。
本当の危機はドル取引のドルの価値が危機に瀕していること。
IMFは、ドルの崩壊を計画的に行おうとしているようだ。
もし、ガソリン価格が2倍や3倍になったら、どうなるだろうか?
配送料が軒並み値上がりし、それは物価に直結する。
品物の値段が上がり、経済はパニック状態になるかもしれない。

posted by dark at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

6月中旬でゲームオーバー?

この方の見た夢によると、あと2週間ほどで経済崩壊が始まるそうです。
ドルの価値がどんどんと下がり、銀行はマイナスの金利をつけ預金残高は目減りする一方。
預金者はお金をおろそうと殺到し、、、


posted by dark at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

世界経済の崩壊計画

911が自作自演のテロ攻撃だったというのはほとんどの人が気づいていることだと思いますが、
これから起こるであろう世界経済の崩壊も、念入りに計画されたテロ攻撃のようなものでしょう。
日に日に増える銀行員の自殺も、ウォールストリートに張り巡らされた監視によって危険人物を割り出していることによるらしい。
自作自演の世界経済崩壊により、個人資産を根こそぎ取り上げようと準備されているようです。
そのため、個人資産の資料集めが急ピッチで進められているらしい。
もちろん、違法ですが。
それから、市民に対しての発砲を拒否している軍人がくびになっているらしい。
当然起こるであろう市民暴動に対処するための予行演習が行われているらしい。
そのための弾薬や防護服などが大量に準備されているらしい。
銀行預金は全て没収されてしまうため、出来るだけ引き出しておいた方がよいらしい。
それから年金やそのたぐいのものも全て奪われてしまうようだ。

国の借金は増え続ける一方ですが、それに対する危機感が全くないのは、どうやらそうなることを既に知っているからに他ならないのではないでしょうか?秘密保護法の強行突破もそのため?


http://thecommonsenseshow.com/2014/02/18/dead-bankers-economic-collapse-the-end-of-humanity/
posted by dark at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

経済崩壊の序曲?

アメリカの銀行家や経済ジャーナリストなどが1月末頃から不審な死を遂げているということです。
表向きは自殺ということになっているようですが、どの人も自殺するようには見えないようです。
ある人は、恋人にこれから会おうとメールした後、自殺したということです。
なんらかの捜査が入って、まずい情報を自供しそうな人たちが消されているようだということです。
株価は操作され、金価格も操作されており、金価格は上がると株価が下がるので、無理やり下げているということです。
しかし、金への購買意欲は特に中国で激しく、金の現物は足りない状態が続いているということです。
そして、アメリカの金の在庫量はどんどん減り、これを続けるには物理的限界がありそうです。
現在の世界経済は一見すると好調のようにも見えますが、1929年の大不況のときの状況と極似しているともいわれます。
アメリカの金の在庫が空になる時がXデイなのか?それとも、別の何か大事件が起きるのか?
その時には、裏で操っている人たちは安全な場所に逃げおおして高みの見物ということなのでしょうか?


http://www.shtfplan.com/headline-news/following-the-bodies-we-are-at-the-precipice-of-something-so-big-it-will-shake-the-financial-world_02152014
posted by dark at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする