2017年01月22日

911ーイスラエル、ロスチャイルド、核兵器

ロスチャイルドは、かなり前の段階から世界の実質的な支配的パワーだったのですが、イスラエル建国とともに、それが代理勢力としてとってかわり、世界をリードするテロリスト国家として生まれました。
マスコミは、犠牲者として報道しますが。
アメリカ大統領を暗殺出来るパワーは、ロスチャイルド位しかなかったのです。
911の計画者はイスラエルとそれに同調するアメリカのシオニスト勢力でした。
世界貿易センタービルにはミニ核爆弾が仕掛けられました。
ビル内部の物は瞬間的に蒸発し、何も残りませんでした。
コンクリートは大きなデブリとはならず、粉々のパウダーとなり、噴火のような様相となりました。
旅客機は飛んでおらず、飛んできたのは、ミサイルでした。
ミサイルはホログラム技術により旅客機に見えていただけです。
旅客機はあのスピードでは飛べないし、ビルを突き抜けることもできません。
ビルのベースに仕掛けられたミニ核爆弾は、地下のパイプを通り周辺のビルにも被害を与えました。
このミニ核爆弾は、放出する放射能は最小限になるように設計されていました。

このように何でも出来るロスチャイルドやイスラエルは、次の計画を練っています。
そして、2017年が危ないと言われています。
その日は311ではないかとも言われています。


posted by dark at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 911 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

Stuxnetサイバー攻撃

映画「ターミネーター」は人間が作り出したロボットが人間を抹殺するという恐怖の映画ですが、
軍産複合体や影の政府は毎年これに近づきつつあるとのことです。
そして、Stuxnetというコンピューターウイルスはアメリカーイギリスーイスラエル合同で作り出したサイバーウエポンだということです。
それは、PLCという発電所や工場などで使われているソフトに害を与えることが出来るということです。
今や各種の工場はオートメーションが高度に進んでいます。
イランの原発の遠心分離機を2010年に破壊したのはこのStuxnetだということです。
特に原発やインフラなどの機能を破壊されることは恐怖です。
「ゼロデー」というある日からこれが世界中で暴れ出すかもしれません。
そして、これは福島第一原発の爆発にも関与しているかもしれないということは以前から言われていました。
しかし、これは日本政府と東電の秘密保持によって表ざたにはなっていません。
スカイネットというターミネーターに出てくるものは、ほとんど実現しているとのことです。
これは、今後の戦争という概念を変えてしまうかもしれません。

posted by dark at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

航空業界の黒い秘密

航空業界がひた隠しに隠している秘密とは?
航空業界優先事項は、飛行機を安全に飛ばすこと。これにつきます。
しかし、乗客や乗務員の健康が二の次だとしたら。
キャビン内の空気はコンプレッサーによって圧縮され循環している。
そして、何百もの化学物質をそれに添加している。
その中にはサリンの匹敵する猛毒物資も存在するという。
飛行機に乗るとジェットラグなる症状が出るのは時差の影響よりもこのためだとか。
更に、ジェットエンジンに使われている潤滑油が通常の油ではなく毒性の強い化学物質というのも問題という。

飛行機に乗るときはマスクは必須。それも、強力なものが必要ということを覚えておこう。
続きを読む
posted by dark at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

第3次世界大戦

ヒラリーが大統領選に敗れた敗因として取り上げられる偽ニュースサイトの問題はいつの間にかロシアが投票装置に不正アクセスしたせいだと言うことに置き換わりロシア人がアメリカか出国させられる自体となっています

ヒラリーに代表される戦争志向の勢力はウクライナ政権転覆時から執拗にロシアとの戦争を画策し続けているようですがプーチンはこれをかわし続けているようです。
大統領がヒラリーとなっていたら第3次世界大戦は不可避だったあもしれません。
好戦派の勢いは次第に弱まっているようにかんじます。
この流れを続けるにはインターネットによる情報拡散が必要不可欠と思います。
posted by dark at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

ウエストコーストの海岸の生物が絶滅状態!

アメリカ、カナダ、メキシコに繋がる太平洋の海岸線の生物が激減し絶滅の一歩手前のようです。
餌となる微生物が激減しそれを餌とする生物群が生きられない状態のようです。
原因は、311の津波で洗い流された有毒な化学物質や重金属そして福島第一からの放射能物質。
海水の塩が微量ですぐには人体に影響ないといわれる放射能物質の毒性を増幅させるそうです。
太平洋を横断したヨットマンによれば、太平洋は生物がいないなにもない海だとのこと。
こんなことは過去には1度も無かったことだと驚いています。
生物学者やその他の学者などが発表すべき状態をたった一人のヨットマンが報告しています。
また、マスコミ各社もこういった状況を一切報道せずだんまりを決め込んでいます。



posted by dark at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

ガンマ線が北欧のトナカイを殺す?

北欧のトナカイの不可解な大量死の原因は、福島第一からの放射能及びレニングラードの原発からの放射能のせいだという。
福島からの放射能により北極のオゾンホールが広がり、宇宙線が何の障害も無くストレートに降り注ぎ、また、福島から放出したトリチウムにより、北極海の氷は細かい塊へと変貌し、周辺の国の冬は極寒の寒さとなり、また冬の嵐が吹き荒れるようになった。

雷は通常、上空にできた負の極を持つ雲から大地に電子をたたきつけるものですが、北極地方で起きるガンマ線バーストは、逆に正の陽子が降り注ぐそうです。
上空にたまった放射能が引き起こすこの現象は、地上の動物の神経細胞を一瞬でシャットダウンし、死んでしまうというものです。
なんの外傷も残さないため、死因については特定不能となるそうです。

posted by dark at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

あなたの放射能

「多くの原発は、夜と週末にベントを行う。つまり放射性物質を大気中に放出する。
近くの住民は夜と週末は家の中にいることが健康の条件となる」

バグダッドにいたことは有りますか?
住んでいたことは?
戦闘員や住民は、想像もできないほどの放射能を浴びている。
バグダッドは人が住める状態にない。どのような手段を用いてもバグダッドから去ることが重要だ。
放射線量はどのような人でも耐えられない。
バグダッドは第二次湾岸戦争で、2453トンの劣化ウラン弾が投下された。
バグダッドでは24時間で、146μgの重金属微粒子を吸い込む。
0.5ミクロンから2.5ミクロンの重金属微粒子は、何の障害も無く胚から血中へと通過する。
ウラニウムやその他の粒子は、行きついた細胞でホットスポットを作り、
DNAを破壊し続ける、これがガンの原因となる。
また、遺伝子上の病気となる。
ウラニウム兵器は、何世紀も続く人類への攻撃である。ウラニウム粒子には国境や人種など関係なく地球上どこへでも移動可能な無差別大量破壊兵器である。


posted by dark at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 劣化ウラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

1976年姫路でのUFO写真!


OPEN MINDSというアメリカのUFO機関から出されたYOUTUBEですが、1976年に撮られた姫路でのUFO写真が公開されてます。
どのような経緯でこの写真が公開されるに至ったかは興味深いです。
この写真が興味深いのは、世間一般で偽物とされているアダムスキー型だということ。
写真鑑定の結果は、どこにも偽装した跡はなく正真正銘の本物とのこと。
そもそも11歳の子供にはUFOの知識もないものでしょう。
posted by dark at 07:42| Comment(2) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

スカリア判事はヒラリーに殺された?

WIKIリークスによるEメール公開により、ヒラリーがスカリア判事を殺したという説があるようです。
Eメール中にあるWET WORKSという表現が実は殺人の暗号というものです。
殺人組織と警察組織を操れる権力があれば、それはお手の物という可能性が高いのですが。


posted by dark at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

不正選挙の証拠

ヒラリーのための不正選挙の証拠はここにある。
Bev Harrisがどうやって彼らが不正選挙を行うかを詳しく説明する。
全ての投票マシーンの「フラクション」を起動させ、中央の管理棟で投票結果を操作して思い通りの結果にすることが出来る。
実際の投票数がどうであれ、関係なく結果は分かっている。
ヒラリーは選挙に勝とうが負けようが結果的に勝つ。
そしてそのすぐ後にコンピューターは初期化され、証拠は一切残らない。
これを覆すためには、このビデオを今すぐに広め、全ての人に認識してもらわなければならない。
そして、この計画を阻止してもらわなければならない。

「フラクション」とは、望まない投票数を少数点以下にし、望ましい投票数には何倍もの数をかけるという手法で思い通りの結果を導く方法。
たとえ地方の投票所が不正なく正しい方法で投票を行ったとしても、管理人が厳しく監視していたとしても、それとは関係なく中央の管理棟で思い通りに結果を導き出す。
しかも、その証拠は一切残らないという完全犯罪。
そのようなソフトが実在する。
そのソフト名はGEMS。
このシステムが使われる州は、アラスカ、コネチカット、ジョージア、ミシッシッピ、ニューハンピシャー、ユタ、バーモント、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、イリノイ、インディアナ、アイオワ、カンサス、ケンタッキー、マサチューセッツ、ミシガン、ミズーリ、オハイオ、ペンシルベニア、テネシー、テキサス、バージニア、ワシントン、ウイスコンシン、ワイオミング、そしてカナダも。


posted by dark at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不正選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

幸福か不幸か

人は生まれると、親から洗脳され、学校で先生から洗脳され、テレビから洗脳され、職場で洗脳され、シープル(sheep+people)として群れの中で眠ったように生きて一生を終ることを幸福と呼ぶ。
しかし、一旦群れを離れると人生の落後者と烙印を押され、苦難の人生を過ごす。これを不幸を呼ぶ。

シープルとして、群れの中で洗脳されたふりをして、シープルのなかに覚醒をもたらすそんな人に私はなりたい。

さもないとシープルの行く末は、崖から集団自殺という運命が待っている。
posted by dark at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

緊急事態!ディエゴガルシアに米軍爆撃機が終結!

この記事を投稿した人は、6週間に1度メンテナンスのためディエゴガルシアを訪れる契約会社の人ですが、
9年間で未だかつてない飛行機がひしめいているとのこと。
そして今や道路上にも飛行機が止められているそう。
一時的なバラックやハンガーが次々と建てられているそう。
空軍や海軍のメンテナンス要員のテントシティーも出来ているとのこと。
同僚の元空軍の人は、核兵器が近くにある時のようだと言っているそうだ。
12以上の給油用タンカーが配備されているとのこと。
港は船でいっぱいで、6〜8船が遠くに繋がれているそう。
爆撃機B52の団体が来ていて、真黒に塗られているそう。

その他、ロシアでは、一般市民に核戦争に備え、核シェルターの近くにいるようにと言われているらしい。
また、食料を備蓄しておくようにとも言われているらしい。

また、田中宇さんのHPでは、アメリカとロシアが戦争するかもと言っている。(核戦争)

急激に悪化するこの世界情勢は、アメリカの軍産複合体が追いつめられていることによるらしい。
それで、ヒラリーを勝たせようとトランプに対し誹謗中傷を与えているようだ。
大統領選挙の票数が操作されヒラリーが勝つ確率が高いそうだ。
そうなるとおそらくアメリカVSロシアの核戦争が不可避になることが予想される。


posted by dark at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第3時世界大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

気候変動の原因は?

気候変動の原因は、2酸化炭素や化石燃料ではない。
いわゆる放射性物質、放射能、核物質である。
放射性物質はそのエネルギー放出を止めることはない。
決して消せない火である。
毎秒、毎分、、、、何百万年にも渡って。
それが海にあるとき、毎秒エネルギーを放出する。
これが海を温めている。
福島から太平洋に放出された放射性物質は膨大な量に及び、そしてそれは今日も続いている。
太平洋のスーパー台風は今後も増え続けるだろう。


posted by dark at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

小林痲央さんの出身地は?

小林痲央さんが乳がんを患い、ステージ4だとの報道がなされていますが、まだ34歳と若いにもかかわらず
人はこのようなガンにかかるものだろうかと疑問に思い、小林痲央さんの出身地などを調べてみました。

新潟県小千谷市、ここ世界一大きな原発、柏崎刈羽原発から30キロ圏内、しかも、真東にあり常に原発からの風が吹いている状態。
原発は、燃料交換時に、原子炉のフタが開くんですね。
その時に大量の放射能を放出すると言われています。
また、使用済み燃料冷却プールにはフタは有りませんね。
また、原発から出るトリチウムはそれを捕らえる技術はなく文字通りダダ漏れ状態。
その近海の魚からトリチウムを摂取する可能性は否定できない。

また、もしこれらの弾丸から運よく逃れていたとしても、母親が妊娠前に運悪く被爆していたとすると
その負の遺産は子供に受け継がれると言われています。
これをアトミックエッグと呼ぶそうです。

プルトニウムに至っては、その原子一個を運悪く呼吸や飲食から取り込むとガンになると言われています。

福島原発事故以降では、東京でもかなりの放射能汚染があったといわれていますから、今後は更にこのような悲劇が多くなるように思います。
posted by dark at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

驚くべき第二次大戦中のドイツのUFOテクノロジー

いろんな種類のUFOが存在したことに、また沢山の写真が存在することに驚かされます。
また、動画まで存在するとは!
これだけあったら、実戦で使用されたと思うんですが。
昔、矢追スペシャルでドイツのUFOを放送した後、激しいバッシングを浴びて無くなったことを思い出します。


posted by dark at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする